最短で建築士試験を受験する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

狭き門の建築士。 建築士試験の受験資格についてご案内します。

STEP1

☆2級建築士の受験資格を取るためには、以下の条件が必要です。

1、大学・高専の建築科卒で実務経験0年である者
2.大学・高専の土木科卒で実務経験が1年以上ある者
3.高等学校の建築科・土木科卒で実務経験が3年以上ある者
4.通学をしていない人は、実務経験のみで7年以上ある者

STEP2

☆1級建築士の受験資格を取るためには、以下の条件が必要です。

1.大学・高専の建築・土木科卒で実務経験2年以上である者、
2.昼間の3年制の短大・高専の建築・土木科卒で実務経験3年以上ある者、
3.2年制の短大・夜間の3年制の短大・高専の建築・土木科卒で実務経験4年以上ある者
4.2級建築士の取得者で実務経験4年以上ある者

STEP3☆1級と2級の違い

2級建築士であれば、民家・店舗・アパートなどの小規模な建物の設計が可能であり、1級建築士になれば、そのほかのあらゆる建物の設計が可能になります。

「都市計画がしたい!」という方は、1級建築士を目指しましょう!

STEP4☆建築士を目指すなら大学受験前に決めよう

受験資格を最短で取得するには、大学の建築科を卒業して、設計事務所で2年間勤務する事です。大学受験から見通して建築士になる計画を立てていく事がおすすめです。

まとめ

通学しないで1級建築士の受験資格を得ようとすると実務経験が11年必要です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

建築士資格取得のための計画

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ