おやつの上手な食べ方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

どうしてもおやつを食べてしまうと罪悪感にかられてしまう方におすすめです。
おやつを上手に食べるコツをご紹介します。

STEP1☆おやつには食べるのが大変なものを

食べるのに時間がかかるおやつを選択することで満腹中枢を緩やかに刺激し、食べ過ぎ防止となります。

例えば、皮を剥かなくてはいけないものや小さて細かく何度も口に運ばないといけいないもの等です。

STEP2☆小腹が空いた時は、血糖値に気を付けて

小腹が空いた時の原因は、「血糖値の低下」。血糖値を急に上がると体に負担がかかってしまうので、アーモンドなどで緩やかにあげるようにしましょう。

STEP3☆就寝前の間食はNG

消化するために睡眠の妨げになります。最低でも寝る前の3時間前までに食事は済ませましょう。どうしてもお腹が空いてしまった場合は、リンゴなど消化の良いものを。

STEP4☆今、流行りの小分けを活用する

袋菓子1袋を開けてしまうと、ついつい全部食べてしまうことも多いはず。
少量で小分けになったタイプのものを活用し、食べ過ぎを防止しましょう。

まとめ

おやつは、ダラダラ食べてしまいがちなので、時間を決めて食べるようにすると食べすぎ防止になります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

めんどくさがらないで続ける気持ち

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ