セールス電話の断り方(保険・インターネット)

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

セールス電話というのは大体において迷惑なものです。

でも、相手も仕事でやっているわけですから、断るにしても「いりません!」といっていきなり切るような乱暴な真似はしないで、できるだけ穏便にお引き取り願いましょう。

STEP1

それには相手が「それなら仕方がない」と納得する理由を述べるのが一番です。基本形は、あなたと契約すると義理を欠くことになると述べること。

STEP2保険の勧誘の場合

すみませんね、伯母がN社の外交員をやってるんで保険関係は任せているんです。

光ファイバーなどの場合
すみませんね、伯父が電電公社に勤めてまして(インターネットのことは)任せているんです。

まとめ

まずかけてきた相手をしっかりと把握する。新しいサービスに「もうやってます」は通じない。
話はシンプルに。凝ったウソは遊べるけれど、相手を騙すのが目的ではない。同じ人間が違う会社からかけてきた場合に見破られる心配もある。
自分の年齢に合わせて「不義理のできない親類」は伯父伯母/甥姪を使い分ける。同居の親族だと「電話を代わってくれ」となる可能性があるから少し離れた親戚が良い。
「自分は頭があがらない相手」としては夫(妻)の実家を持ち出すのも効果的。
「任せている」「電電公社」などで「この人を説得するのは難しい」と思わせる。


電話セールスをされる方は、「そちらに不愉快な思いをさせたくない」という友好的サインと理解して、詮索せずに引き下がってください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

仕事で電話をかけてくる相手への思いやりです。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ