オークションの写真を綺麗に撮る方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

オークションの勝敗を決める商品写真。これが落札者さんの心を揺さぶるといっても、過言ではありません。

STEP1

同じ品物でも、綺麗な写真の商品の方が落札額が大きくなるのは必須です。写真はせめて3枚は撮りましょう。

STEP2①モデル用写真

カタログに載せているような、モデル用写真です。
小物:白い布の上に商品を乗せ、立体的に写します。観葉植物や折り紙などを添えるといいですね。
大物:白い壁、白い床(シーツなど)に面した場所で、立体的に写します。
服飾系:モデル(人)が着用したスタイルで撮影します。子供服などは特におすすめです。

※撮影は太陽光を利用するのがベストです。外で行うか、陽のあたる部屋で写しましょう

STEP3②説明用写真

色んな角度で撮ったり、商品説明部分を撮影します。これらを細かく撮影し、画像処理ソフトで1つか2つにまとめましょう。
テキスト入力ツールを使い、商品説明を記載するのも親切です。

STEP4

写真が暗めになった場合は、画像処理ソフトの「明るさ」ツールなどで調整します。また、背景に不要な物が写ってしまった場合も、削除しましょう。

まとめ

写真に一手間加えるだけで、商品の価値がアップします。不用品だからと思わずに、積極的に加工してみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

カメラ、パソコン、画像処理ソフト

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ