ネクタイの色別☆持たれる印象の違いを知る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

ネクタイ一つで相手に与える印象も変わってきます。ネクタイファッションを勉強して相手の印象を操作できるようになりましょう。 面接時のお勧めポイントも記載します。

STEP1●赤

赤色は情熱的で積極性をアピールできる色です。
自分をアピールしていくことができるので、面接官が現場担当者などの場合は赤色がお勧めです。

STEP2●青

青色は知的で冷静な印象を相手に与えることができます。
何事にも動じず、本来の自分をアピールしたい場合に是非。また、人事面接には、人柄を見ていくので青系がベターです。

STEP3●黒、濃紺、グレー

黒や濃紺は、大人らしく落ち着いた印象を相手に与えます。
役員クラスの面接になると、黒や濃紺カラーが良いです。
また、この色は就職活動以外にも幅広く使用できる色なので、1本持っておきたい色です。

STEP4●黄

黄色は、胸元が栄え元気でフレッシュな印象を与えます。
ファッション業界やアパレル関係、クリエイティブ関連の業界などで個性的な面を見せることができるためお勧めです。

STEP5●ピンク

ピンクは、やさしく温かみのある印象を与えます。
特に女性からの受けが自然と良くなる色なので、女性が多めのアパレル関係、接客業などにオススメです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ