英語で自社を紹介できますか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:264
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by トーキョー145
何年も英語を学んでいるのに、ビジネスでのコミュニケーションに苦労する。日本人の弱点に学ぶ教材の不適切さがある。
買い物やレストランでの英会話だけを学んでいても、仕方ない.
アニュアルレポート(AR)には使える題材が満載だ。

STEP1

Photo by トーキョー145
写真は、NTTデータのARの裏表紙とP1。ここには企業の概要と、現在の目標、歴史がコンパクトに記載されている。

NTT データは、変える力を次々に生み出し、『変革パートナー』への進化を加速します。

NTT DATA constantly demonstrate its power to innovate,thus accelerateing its trasformation into an "Innobetion Partnere."

こんなカッコいい英語がすぐに学べる。

STEP2

続いての文は、SI(システムインテグレーター)としてのNTTデータの現況を述べている。これは同社だけでなく、現在のIT業界の動向の表現として参考になる。

In 1988,NTT DATA took its fiest steps under the business conept of perefoming as "System Integrator".Ever since,our business model for system integration has became a source of growth,consistently exceeding requirements and customer need.

まとめ

1988年、「システムインテグレーター」の事業コンセプトでNTTデータが発足して依頼、システムインテグレーションというビジネスモデルは、システムに対する時代の要請、お客様のニーズをとらえ、成長の源泉となってきました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ