鼻づまりを解消する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2016
  • ありがとう数:0

はじめに

風邪にアレルギー性鼻炎など、地味に私たちを苦しめる鼻づまり。
手軽に解消してすっきりしちゃいましょう。

STEP1☆暖かいタオルを鼻にかける。

小さなお子さんなどにもおすすめです。
喫茶店などでもらうくらいの、やけどをしない小さな蒸しタオルを、鼻の付け根に仰向けになって数分乗せます。

鼻の付け根でも鼻全体でもいいのですが、鼻の穴はあけといてください。
そうしてるうちに鼻の奥がむずむずっとしてくるので、そこで鼻をかむと鼻水が出ます。
あくまでゆっくり、5分くらいです。

STEP2☆お風呂を有効利用

熱めのお風呂でしっかり湯気を吸い込む、そこで鼻をかむ。
これも鼻を暖める方法です。

小さなお子さんなどは、お風呂の間に鼻水吸い器を使用するのも手ですね。

大人の場合は鼻がむずむずしてきたら、鼻をゆっくりかんでください。

STEP3☆点鼻薬で効果抜群

鼻詰まりがなおった所で、医師の処方した点鼻薬をします。

アルデシン、シナクリンやフルナーゼ(副腎皮質ホルモン入り点鼻薬)を花粉症状のひどい時に点鼻薬として出されますが、
ステップ1,2の後にこの薬を入れると、単独に薬を点鼻するだけより、ずっと薬の効果が上昇する、2倍近く効果があるといわれています。

STEP4☆なかなか治らない場合

それでもなかなか奥の鼻詰まりがなお治らない場合は、蓄膿(慢性副鼻腔炎)を起こしてるかもしれません。

そのときは必ず、鼻のどのあたりがつまってるかを耳鼻科医に話してください。

鼻の回りの副鼻腔という洞窟に鼻の粘いヘドロのような膿がたまってる可能性もありま
す。
そのときはやはり鼻炎だけの治療ではなおらないので、1週間に数回来院し、きちんとヘドロのような膿を取るとびっくりするくらいすっきりします。

STEP5☆お酒も控えめに

アルコールはほどほどに。薬や飲酒、降圧剤やアルコール飲料で鼻が詰まることもありま
す。

まとめ

気になるほどひどければ耳鼻科へ。
まずは薬より先に、温めて血行を良くすることから始めてみてください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ