恋人と復縁するための第一歩の方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

「恋人と別れてしまった・・・」「でも諦めたくない!!」
そういうとき、どうすれば復縁の可能性が高まるでしょうか?

STEP1「今やっていること」を止める

電話やメール、元恋人に直接会いに行く、といった行動をいったん止めます。
今までその行動を続けてきても、元恋人は振り返りませんでしたよね?
いったん、その行動を止めないと、元恋人はますますあなたが嫌になります。

STEP2冷却期間

最低でも1ヶ月は置きましょう。
もしも、元恋人にしつこく復縁を迫ってしまったのなら、もっと冷却期間を置くほうが良いかもしれません。

STEP3生活を規則正しいものに変える

最低でも1週間~2週間くらいは、学生時代にあった「時間割」のようなものを作り、健康に留意して生活をしましょう。
涙を流して、不健康な生活をしていると、元恋人に再会したとき驚かれます。
この時期には難しいことを考えず、ひたすら「今の生活」に没頭します。

STEP4後悔ではなく、反省に変えていく

「ステップ3」は、自分の気持ちを「後悔」ではなく「反省」に変えていくためのステップでもあります。
「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」と思うだけでは、将来につながりません。そのためには、心身の健康を取り戻し、現在の生活を充実させる「ステップ3」が必要です。

STEP5反省をノートに書きとめる

これは、とても苦しい作業です。だからこそ、心身の健康を取り戻してから行うことが必要です。
自分の「非」を認め、今後同じことがあったら、どうすべきかと考えて、ノートに書き出していきましょう。

STEP6元恋人に伝えたいことを考える

ここまでのステップで、初めに設定した冷却期間の終わりごろに差し掛かっているでしょう。
もしも今、元恋人に伝えたいことがあるとしたら、どんな言葉でしょうか?
この時点ではまだ、メールや手紙を送るのではなく、「伝えたいことを考える」というだけにとどめてください。

STEP7恋人の立場になって考える

あなたはここまで、「自分の立場」で反省してきました。
今度は、「恋愛期間中、元恋人からみた自分はどんな人間だったか?」を考えましょう。
これを続けていくうちに、「ステップ6」で考えた「元恋人に伝えたい言葉」に変化が現れるかもしれません。

STEP8短文のメールやハガキなどを送ってみる

交際できて良かった、という感謝、自分の至らなかった点(クドクド書いてはいけません)、自分の近況などを、なるべく短い文章で伝えてみます。

まとめ

全てのステップを通して「元恋人に、こんなに反省している自分を理解して欲しい」という気持ちを起こしてはなりません。
まだ、復縁の入り口に立ったに過ぎないと認識し、元恋人への恋愛期間中と同じような連絡は控えましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

復縁には長い期間が必要という心構え。 相手を変えようとすることではなく、自身の反省が最も大切という認識。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ