協議離婚 - [強制執行] する

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by jaycoo
強制執行とは支払い義務のある相手側 (債務者) が、慰謝料や養育費などの支払いを約束した金額を、約束とおりに支払いがなされない場合に、国の権力 (民事執行法) によって強制的に相手側 (債務者) の財産を差し押さえ (財産の処分を禁止する事) 支払いを実行させる制度になります。全ての場合に有効な訳ではなく、強制執行をするには定められた条件を満たす必要があります。

STEP1協議離婚時の [公正証書] を用意します

* 調停離婚の場合、家庭裁判所作成の [調停調書]
* 地方裁判所作成の [判決書][和解調書]

STEP2

相手(債務者)の住所地を管轄する裁判所に対して差し押さえの申し立てをします。

STEP3

支払いを受ける者が自分自身で、債務者の所有している財産を探しあて、差し押さえる手続きをする。
弁護士を代理人に立てて申立てをする。

まとめ

差し押さえの対象となる財産 → 不動産、預金、給与 ※ 給与は 25% まで差し押さえ可能

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

勇気 弁護士

ピックアップ

ページ先頭へ