協議離婚 - [公正証書] を作る

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:446
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by jaycoo
法律の専門家である公証人が公証人法・民法などの法律に従って作成する公文書です。
公文書ですから高い証明力があるうえ、債務者が金銭債務の支払を怠ると、裁判所の判決などを待たないで直ちに強制執行手続きに移ることができます。
金銭の貸借や養育費の支払など金銭の支払を内容とする契約の場合、債務者が支払をしないときには、裁判を起して裁判所の判決等を得なければ強制執行をすることができませんが、公正証書を作成しておけば、すぐ執行手続きに入ることができます。

STEP1

[離婚協議書] を作る

STEP2

[実印] と [印鑑証明] を用意する

STEP3

[戸籍謄本] を用意する

STEP4

不動産の [登記簿謄本][物件目録] があれば用意する

STEP5

夫婦で出向けない場合、代理人と [委任状] 、代理人の [印鑑証明] を用意する

STEP6

[公証役場] で [公正証書] 発行を依頼する

STEP7

発行手数料を現金で支払う

STEP8

[強制執行者] が [正本] を受け取る

まとめ

[強制執行者] が [正本] を受け取る

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

離婚協議書 実印 印鑑証明 登記簿謄本 物件目録 委任状 代理人の印鑑証明 お金

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ