写真写り対策、小顔に映るコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:803
  • ありがとう数:0

はじめに

写真に写ると、普段より小顔に見える人がいませんか?
小顔に写ったらうれしいですよね。
コツを覚えて、楽しんでください。

STEP1服装は濃い色の方が締まって見えます。

白い洋服だと、白色が反射して顔色は明るく映りますが、その分膨張して見えるかもしれません。

一人で撮るときは、手でピースを作ってそれをカメラの方に差し出して写すと、手の大きさと顔の大きさを遠近法で錯覚させて小顔に見えます。
カメラ位置を下げて、下から見上げるように写すと、足長に見える効果があります。

STEP2大人数で撮るときは立ち位置が肝心です。

中央の一番後ろがBESTです。
後列の方が遠近法で小さく見えることと、画面の端の方は横広に広がるという理由からです。

まとめ

顔が大きいことはコンプレックスと思う人は多いようです。たとえ写真写りでも、自信が持てるならいいことです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

カメラ 

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ