残業を華麗にスルーする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

残業、したくないですよね。
でも日常的に周囲の人が残業する会社だったとしたら...
毎日定時で帰る訳にはいきません。
特に残業代が出ない人にとって、残業は無意味なものでしかありません。
どうやったら残業を華麗にスルーできるでしょうか。

毎日定時で帰る訳にはいかなくても、ここぞというときに定時で帰れるよう、普段からできることをpicupします。

STEP11.スケジュールをしっかり作成し、周りにアピール

自分の作業が遅れていないことを明確にアピールしておくことです。
上司がいるなら、夕方になったら現在の進捗状況を報告に行くのも良いことです。

STEP22.どうしても帰りたい理由をさりげなくアピール

今日は○○があるから早く帰らなくちゃ...ということを朝からつぶやき続ける。
地道に繰り返すことにより、みんなも「あれ?○○さん、今日帰らなくていいんですか?」となるはず、ならなかったら、きっと嫌われてます。

STEP33.週のうち決まった曜日は帰ることに決めてしまう

例えば、習い事や何かがあるなどとアピールして、○○さんは○曜日と×曜日は早くに帰るんだよな、ということを周囲にすりこんでおくことです。

まとめ

いざ周りが困ったときにはいつでも協力する、時々は無理な残業も快くOKするなど、「僕は残業はしない!」ではなく、状況による柔軟さをもっていることが大切です。
嫌われたら協力は得られません。
もしあなたがリーダーであるなら、周りにも帰れる状況を作ってあげられるように努力してください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

1.普段の誠実さとスケジュール管理 2.割り切り

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ