水嶋ヒロさんの大賞受賞から「処女作」について考える

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:203
  • ありがとう数:0

はじめに

学園ストーリーからヒーロー役まで、いろいろなシーンで大活躍をした水嶋ヒロさん。作家活動をしたいと宣言する少し前、「ポプラ社小説大賞」に本名に近いペンネームで応募していた小説が「大賞」に選ばれ注目を集めています。この一連の記事で「処女作」という表現がありますが、ここではその意味について考えてみたいと思います。

STEP1

ふだん、なにげなく使う「処女作」には「初めての」という意味があるそうです。また、同じような意味として「処女航海」もあり、その昔、歌謡曲のタイトルにも使われたことがあります。

STEP2

また、人がまだ足を踏み入れていないという意味で「処女地」や「処女雪」もありますが、これは日常的に使う機会が少ないように思います。

まとめ

本名:齋藤智裕、ペンネーム:齋藤智。いずれも水嶋ヒロさんを連想できるものはなく、ポプラ社の関係者のなかにも、大賞が決まって本人と会うまでは気付く人がいなかったといわれています。

彼の作品が「大賞」に選ばれた理由として、処女作らしく荒削りな面もあり、内容の斬新さゆえに賛否両論もあったといわれています。また、作品からは、さまざまなジャンルを超えた新しい小説だとの声も聞かれます。

新しい世界にチャレンジするには、既成概念にこだわらないことが求められているようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

既成概念にこだわらない

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ