慶事と弔事 ふくさの使い方は違います。

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by sagamikomati
お祝いの席でも、お悔みの席でも、金封を包んでいくのがふくさです。
相手に渡す大切なお金を、ふくさに包んで持参するのが大人の常識です。
知っていそうで知らないふくさの使い方です。

STEP1慶事には、ふくさを左端→上→下→右へと順に包みます。

Photo by sagamikomati
ふくさの色は、赤やピンクなど、明るい色合いのものを使います。

STEP2弔事の場合は慶事の逆です。

Photo by sagamikomati
右端→下→上→左となります。
色遣いも、グレーや緑の寒色系のものです。

まとめ

紫色のふくさは、慶弔いずれにも使えます。一枚用意しておくといいですね。
また金封専用のものもあり、便利なふくさが多く利用されています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ふくさ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ