知っておきたい、お葬式でのタブー

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by sagamikomati
お葬式でのやってはいけないことです。 知らないうちに相手を傷つけることがないよう、覚えておきましょう。

STEP1

亡くなった直後にお悔みの連絡を受けて弔問に出かける際は、喪服を着て行ったり香典を持って行ってはいけません。
まるで前もって準備しているかのようで、失礼にあたります。
地味な色合いの服装で、宝飾品は外して出かけてください。

STEP2お悔みを申し述べる際は、饒舌なのはタブーです。

心を込めた「この度はご愁傷様でございます。」という常套句で十分です。

またまた、重ね重ね、返す返す、苦しむ、迷う、浮かばれないは禁句です。
不幸を連想させる忌み言葉です。

STEP3香典袋は、宗教や宗派によって違いがあります。

キリスト教の香典袋は、ユリの花の絵柄。
ハスの花の絵柄は仏教用です。

不祝儀用の香典袋には「御霊前」と「御仏前」がありますが、葬儀には「御霊前」を使います。
「ご仏前」は法事などの法要に使いますので、注意してください。

まとめ

お葬式は、宗教や地方によって大きく変わるものです。地方独特のルールやタブーがあります。 細かいことにこだわるよりは、心からの故人への冥福を祈ることです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ