ときには「思い込み」もいいかも!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
私たちの日常には「思い込み」や「勘違い」をする場合もあります。普通、そのようなことは絶対にあってはならないことですが、ときには「思い込み」や「勘違い」があってもいいかもしれませんね。 ここでは、私の恥ずかしい最新ネタをご紹介したいと思います。

STEP1

今朝、スーパーへ買い物に行ったとき、めずらしいジュースが目についたので試しに1本だけ購入しました。初めての品の場合、割高ですが小さい容器入りを買ったほうが安心です。

STEP2

買い物を終えて車に戻り、買ったばかりのジュースを飲もうとパッケージに目をやったとき、その品が「野菜ジュース」だと初めて気付きました。お店に陳列されているときは、「リンゴジュース」だとばかり思い込んでいたのです。

STEP3

買ってしまったものは仕方ないので、未知との遭遇の気分で「野菜ジュース初体験」しました。でも、けっこう美味しかったので正直びっくりしました。

STEP4

このような「思い込み」は、よくあります。いちばん大きい「思い込み」は実家から借りていた車が1,800ccだと信じていたことです。ずっと後になってから2,000ccだとわかりましたが、もし、最初からわかっていたら絶対に借りなかったと思います。

まとめ

車の排気量を知らなかったことは、そのときの私にとってはむしろプラスでした。このように、いい意味での「思い込み」や「勘違い」もあることを「野菜ジュース」の件で再認識しました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ときには「思い込み」も必要

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ