自己評価の書き方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

会社によっては年に1,2回ほど査定があり、
そこでの評価が給料を決めることがあります。

その査定の中の自己評価(=自分で書く所)部分には、
いったい何をどのように書けば良いのか、初めての人には分からない、分かりにくいという人もいるのではないでしょうか。

会社によって書き方が違うのかも知れませんが、
給料がほんの少しでも上がるような書き方を考えてみましょう。

STEP1元人事担当者の意見。

・仕事の成果と、仕事での態度を評価します。
 職位が低い場合は、態度面の評価の%が高くなります。
・資格取得は、仕事とは関係ありません。
・遅刻しないと言うのは当たり前のことですが、若手社員にはポイントをかせげる部分です。

STEP2目標に対して自分の結果を評価に書けばよいと思いでしょう。

大きなグループ目標、小さなグループ目標に対して、もしくは
自分の目標に対して自分の結果はこうで合ったと書けばよいです。

課や係により数字に置き換えられないお仕事も多々ありますが
工夫して書けば解決できると思います。

STEP3もし入社して数ヶ月で書かなくてはいけなくなった場合。

パソコン入力のスピードやミスの少なさ等をアピールする、もしくは上司から求められていることが、どれだけ出来た、ということを考えながら書くと良いでしょう。

いつでもまじめに書くことが大切です。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ