蚊にさされやすい体質とその対策

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 信長JAPAN
何人かで屋外にいても、蚊にさされやすい人と何も起きない人がいますが、どう違うのでしょう。 また、どうしたらさされにくくなるでしょう。

STEP1

刺されやすいor刺されにくい体質はあります。 諸説ありますが、蚊は二酸化炭素に敏感ですので、息や体臭などが大いに関係します。

STEP2

二酸化炭素や体臭は以下の様なときに多く出ます。 ・運動したとき(発汗時) ・飲酒時(代謝が良くなるため) ・酸性体質(代謝が良くなるため) 上記は、いずれも体温上昇がからみます。

STEP3

体温が高い人も刺されやすいと言われますが、これは体温による上昇気流を蚊が感知しているとも考えられています。血液型による刺されやすさも諸説ありますが、まだ決定的な証拠はないようです。

STEP4

「グレープフルーツの皮を皮膚に塗るとよい」とよく言います。この効果は私は分かりませんが、ラベンダーなどの植物抽出オイルが防虫対策となると聞いたことはあります。

STEP5

ハッカも蚊よけにいいそうです。

まとめ

でも、柑橘系の皮を塗ると、蚊に効果はあったとしても他の虫が寄ってきそうな感じ・・・がします?

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ