旧式テレビコンセントの交換方法?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ねこネコ猫NEKO
築20年のアパートに住んでいると、テレビコンセントが旧式(同軸ケーブルを差し込んでネジでとめるタイプ)のため、アンテナプラグが使える今風のものに自分で交換したほうがいいですよね。

STEP1

まずは、屋根裏の分配器の位置と電流通過が片通電なのか、全通電なのか、片通電なら、どの部屋のアンテナコンセントが電流通過になっているのかを確認しなくてはなりません。それによって対処が変化します。

STEP2ここでは多い直列ユニットでの電流通過型について解説します。

これは、アンテナ線入力端子からアンテナ線出力端子の間を電流が通過して、テレビ出力端子間の電流はカットされます。
電源挿入型とは、その中継用直列ユニットで、テレビ出力端子にも電流通過するタイプです。

STEP3

CATVの状態が解らないのでBSと混合できるかどうかわかりません。
地上波とBSを混合した場合ですが、
ブースター電源部を端末の部屋に付けるか、端末の部屋のテレビ設定でBSへの常時給電が可能であれば、端末の部屋だけ「電流通過型・端末用」これはアンテナ入力端子しか無いタイプです。
あとの部屋は「電流通過型・直列ユニット」にします。

STEP4

ブースターなしで、BSアンテナへの電源供給をテレビからの供給に頼るのでしたら、端末の部屋だけ「電流通過型・端末用」各部屋は「電源挿入型・直列ユニット」にします。

まとめ

端末ユニットと中継ユニットでは、「電流通過型」の意味が異なる事をご理解いただけたら、と思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ