お悔やみの言葉

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:318
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 読書マン
とっさにお悔やみの言葉が出ず、しどろもどろしてしまう前に。

STEP1「この度は誠にご愁傷様です。(でした。)」

「突然のことで、何と申し上げたらよいのか 言葉が見つかりません。」
「悲しいお気持ち、お察し致します。」
「生前、○○様には、大変お世話になりまして 感謝しております。(有難うございました。)」
「○○様には、幼い頃より可愛がっていただきまして 有難うございました。」
「私にお手伝いできることがありましたら、何なりと おっしゃってくださいませ。」
これらの言葉は、親しさの度合いによって 述べられるといいでしょう。

STEP2

「これから、まだまだ用事があることと思います。 お疲れの出ませんように、 くれぐれも、お体に気をつけて下さいませ。」
以上のようなことを言えば、十分だと思います。

まとめ

参考までに申し上げました。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ