お店にいくと聞こえる「いらっしゃいませー」の挨拶についての検証方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1000
  • ありがとう数:0

はじめに

お店にいくとたいてい店員さんは「いらっしゃいませ」と挨拶をしてくれます。

コンビニ、携帯ショップ、デパート、洋服、靴。
顔が見えている店員さん以外にも裏側、厨房のほうからも挨拶が聞こえることもありますね。

お店によって、その挨拶の考え方やスタイルが違うので、ご紹介します。

STEP1挨拶

居酒屋などにいくと、厨房のほうからも「いらっしゃいませ」と挨拶が聞こえることがあります。

洋服やさんなどでも、どこにいるのかわからないけれど一人の店員さんが挨拶をすると、呼応するように「いらっしゃいませ」と挨拶が聞こえることがよくあります。

STEP2マニュアル

けれど、顔もみえない店員さんから挨拶があることについてはどう思いますか?

元気があって活気が感じられていい?
顔も見えないのに挨拶するなんておかしい?

それはそのお店ごとのマニュアルで決まっているようです。

STEP3決められた挨拶

居酒屋、飲食店関係の場合には
「見えないスタッフからも元気のいい挨拶をする」ことが決められています。

電気店などでは
「すれ違いのとき、お客さまがみえたときには顔をみて笑顔で挨拶」

などです。

STEP4店によってちがう挨拶方法

しかし、これをよしとしないお店もあります。

某高級ブランドショップの場合ですが、
「きちんとお客さまと目線をあわせて挨拶する」と決められていて、
顔も見えないお客さまに影から(見えない位置から)挨拶をすることはご法度です。

STEP5挨拶スタイルは様々

どこにいるのかわからない人に挨拶されてもな…と思うこともありますね。何度すれ違っても同じ店員さんから「いらっしゃいませ」と繰り返し言われても困ってしまいます。

マニュアルで色々決まっているようですが、挨拶はあんまり簡単に考えないほうがいいようですね。

まとめ

挨拶の仕方、目線、笑顔、声の大きさ。
マニュアルで決められている場合が殆どです。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ