若い人でもやってしまうぎっくり腰!くしゃみをした時になる人もいます。その治し方です

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

ぎっくり腰になって本当に痛くて歩くことすらできない方は、あわててすぐに病院に行かないで下さい。ぎっくり腰になった直後の筋肉は時として痙攣をおこすぐらいに緊張しています。

STEP1<b/>【安静】</b>

そんな時不用意に体を動かすとさらに筋肉(筋膜)の傷が大きくなり余計にひどくなったりします。
歩けないほど痛いときは、まず安静にしていることが大事なんです
被害を最小限度に食い止める為にも2~3日は安静にしていた方がいいんです。

STEP2<b/>【アイシング】</b>

ぎっくり腰は筋肉の痙攣と同時に、腰周りの組織が炎症を起こしています。
この場合は温めるのではなく、冷やして炎症を抑えるのが一般的な対処法です。
患部を冷やす方法としては湿布が一般的で簡単ですが、氷水で冷やすとさらに効果的です。ポリ袋かアイシングバッグに水と氷を入れて20分間ほど腰に当てます。痛みが続くようであれば、2~3時間の休憩をはさんで続けていくと良いでしょう。 断続的に2~3日ほどにわたって続けます。

STEP3<b/>【治療】</b>

2~3日して少し炎症が収まってから病院に行くようにしましょう。
腰痛専門医では筋肉注射、硬膜外注射、神経ブロックなどの痛み止めの注射治療も行います

STEP4<b/>【予防】</b>

腹筋や背筋を鍛えて、腰をしっかり支えと痛みが出にくくなります。ぎっくり腰を防ぐためには、普段から筋トレをすることですね。腰の部分の背骨(腰椎)を筋力で支えると予防になります.。
1 あおむけに寝て、両ひざを立てる
2 両肩が床から離れないようにして両ひざをゆっくり真横に倒す。倒した状態で、10秒程静止
3 左右それぞれ10回ずつ
腰痛の時は、横に倒したとき、ひざが床につきませんができるところまでで構いません。毎日やっていると、ひざが床につくようになり腰痛も少しずつ良くなります。

STEP5<b/>【コルセット】</b>

歩いたり、体を動かすときに痛みがある期間はコルセットが有効です。
下腹部を圧迫するように強く巻いて下さい。

まとめ

注意!!足のしびれがあるなら椎間板ヘルニアの可能性があります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ