歴史の勉強の仕方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:614
  • ありがとう数:0

はじめに

歴史を勉強するのが嫌いだという生徒や学生がよくいる。覚えるのが難しい、つまらないというのがその理由かもしれない。そんな人のための勉強方法である。

STEP1ストーリーを覚える。

歴史にはストーリーがある。まずその流れを理解することが大事だ。流れを理解出来るよう、歴史教育のための漫画を読むとよい。このとき大事なのはストーリーをつかむことであり、登場人物などの固有名詞を覚える必要はない。ドラマの初回でいきなり登場人物を覚えることは難しいが、ストーリーであれば比較的簡単に覚えることができる。それと同じである。

STEP2

ストーリーが覚えられたら次が暗記である。登場人物や事件等、教科書の太字と成っている箇所を覚えていこう。

STEP3

暗記が済んだら、本当に覚えられているか、ストーリーを理解出来ているか、問題演習を行おう。間違いの中で、単純に忘れただけの問題であれば暗記をやり直す。問題文の意味が理解できなかった場合はストーリーがつかめていないので、該当箇所やその前後の話も含めて漫画や教科書で復習しよう。

まとめ

大事なのはまずストーリーを押させるという土台を抑えることである。ここがしっかりしていなければ、いくら暗記を進めても、すぐに忘れてしまうし、覚えたことに何ら意味を為さない。本来であればストーリーの部分は学校の授業の中で行われるはずだが、授業に集中していなかったり、もしくは先生が適当な授業を行っていなかった場合、新たに自分で行う必要がある。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ