睡眠時間は90分の倍数が効果的!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

睡眠時間は、時間の長さではなく90分の倍数が効果的だと聞いたことがあります。つまり、1時間半、3時間、4時間半……ということになりますね。なぜ、その時間がいいのでしょうか……。

STEP1

90分というのは、浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」のワンサイクルになるからだといわれています。

STEP2

つまり、ワンサイクルの節目になる時間帯に目覚めると、すっきり起きられるということになります。

STEP3

具体的にいうと「ノンレム睡眠からレム睡眠に移り変わったとき」です。「体の眠りの時期」であり、体は深く眠っているのに脳が起きている状態で、夢をみるのもこの時期です。

STEP4

逆に、昼寝をするときは、入眠直後に入る「脳の眠りの時期」といわれる「ノンレム睡眠」をうまく活用すると、短時間で質のいい睡眠をとることができます。

まとめ

忙しい日々のなか、質のいい睡眠をとるためにも「90分のサイクル」と短時間の昼寝を活用することをお勧めします。
また、徹夜になりそうなときでも、日付が変わらないうちに短時間でもいいから就寝して、早朝に起きたほうが仕事の効率もアップします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

睡眠のサイクルの有効活用

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ