貧乳で悩む人必見!最近の豊胸は自分の血液で・・・?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

貧乳の人は、他人には理解してもらえない悩みを抱えていると思います。 いつかは豊胸手術をしよう! と思っている人もいるのでは? でも費用や方法、安全性など色々気になることはあるでしょう。 色んな方法をちゃんと知ることも必要です。 最近では自分の血液を使ってバストアップのためのジェルを作る方法もあるのだそうです。 ※決してこの方法をすすめているわけではありません。判断は自己責任でお願いします。

STEP1<b/>いままでの方法</b>

これまでの豊胸の場合

・シリコンバック
・脂肪吸引したものを入れる

といった方法が一般的でした。
しかし新しい方法があらわれているそうです。

STEP2<b/>新しい方法とは……?</b>

その方法とは、自分の血液をつかってバックを作る方法。

血液を遠心分離機にかけて「PPPジェル」というのを作るのだそうです。
施術自体は時間はかからないのですが、ジェルを作るのに時間がかかるのだとか。

そのため現在はまだたくさんの人数の施術は行えないようです。

STEP3<b/>メリットは?</b>

病院の説明によると、自分の血液を使うので、
シリコンなどにみられる拒絶反応のリスクが少ないとのことです。

STEP4<b/>必要な血液の量の目安</b>

ちなみに1カップサイズアップするのに200cc程度の血液が必要とのこと。
もしも2カップ以上サイズアップしたければ400cc以上の血液が必要なため、1か月待ってから採血をするのだそうです。

STEP5<b/>デメリットは?</b>

脂肪吸引と同じように半年~2年程度で体に吸収されてしまうため、持続したい人は定期的に続ける必要があるとのことです。

まとめ

今回の情報については、病院側の説明なので自己責任で判断をしてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ