元サッカーイタリア代表ピルロ氏のワイナリーPRATUM COLLERが、品揃えを一新。半額セールも!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:16
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 株式会社フィデア

イタリア産ビオワイン“PRATUM COLLER”(通称ピルロワイン)を販売する株式会社フィデア(東京港区)は、これまでのブランドを一新した新しいワインのラインナップを発表。

 

シリーズ最新作としてストローワイン(干し葡萄の白ワイン)「Monos(モノス)」という、希少な干しぶどうからつくられる、深く、自然の甘みが程よいスウィートワインを提供。それに先立ち2月20日(木)より、直販サイト限定にて、半額キャンペーンを開催

 

 http://xn--eck1excikz.com/lineup.html 

 

 ※リニューアル前のボトルは、現在庫をもって販売終了。 

リニューアルされたブランドラインナップ

Photo by 株式会社フィデア

 MARZI(マルツィ):赤ワイン 

 

手作業で収穫の後、葡萄を選別し、ステンレス・タンクで15日間の発酵及びマセレーションを行う。


このワインは、チャーミングで活き活きとした紫がかったルビー・レッドと、スミレのブーケや赤色の果物のようなエレガントな香り、さらにシルクのようになめらかでしなやかなタンニン感がその 特長。


様々な料理に合わせることができるため、夏を過ごすのに最高のパートナー。

マルツェミーノ100% 12.5度 750ml 

NITOR(ニトール):白ワイン

Photo by 株式会社フィデア

 手作業での収穫の後、葡萄を選別し、加圧型圧搾機によって気体により優しく潰される、このジュースは低温化でおよそ2週間の発酵を経る。

 

その後、搾りかすと共にステンレス・タンクで4ヵ月の熟成を経ることで、さらなる柔らかさと複雑さが加わり、収穫期直後の春にボトリング。

 

淡いレモン色と、桃や梅のような核果、花のような洗練された香りが特長。味わいはフレッシュかつ複雑。華やかで洗練された後味も魅力の一つ。

 

トレッビアーノ・ディ・ルガーナ100% 12.5度 750ml 

EOS(イオス):ロゼ

Photo by 株式会社フィデア

この薔薇色のワインのために、手作業で収穫された葡萄は丁寧に選別される。

 

低温でのマセレーションにより、官能的で鮮やかなピンク色が実現。
その後、優しく潰され、アロマを保つために低温化でおよそ2週間の発酵を経る。

 

すぐに楽しむために春の間にボトリングされるこの魅力的なワインは、リンゴやカシスのようなフルーツ香がその特長。

 

 

口に含めば、フレッシュでかつエレガント。アーモンドのタッチを感じられる。

 

サンジョヴェーゼ80%、メルロー20% 12.5度 750ml 

ARDUO(アルデュオ):赤ワイン・フルボディ

Photo by 株式会社フィデア

手作業で収穫された葡萄は振動板の上で正確に選り分けられ、その後、15日、10日と二度のマセレーションが行われる。

 

そして、小型のフユナラの樽で12ヵ月の間熟成され、乳酸発酵します。ボトリング後は、商品になるまで少なくとも6ヵ月間、セラーの中で保管される。

 


これら全ての工程が、エレガントで力のある、深いルビーレッドのワインにつながる。ブラックベリーやチェリーといったフルーツ香、力強く長いアフターを伴ったフレッシュで調和のとれた味わいが特長。

 

サンジョヴェーゼ40%、メルロー50%、シラー10% 14.5度 750ml 

MONOS(モノス):ストローワイン(干し葡萄の白ワイン)

Photo by 株式会社フィデア

まず特筆すべき点は、このワインのために、収穫した葡萄が極めて注意深く丹念に選別が行われること。

 

その後、房同士を一定の間隔を取りながら一面に並べ、積み上げ、乾燥の工程が進められます。この工程は3ヵ月の間続き、カビや腐敗が少しでも見えた葡萄は、日々の監視ですぐに取り除かれる。


葡萄の圧搾は、冬に、糖度が300g/Lを超えた時点で行われ、また、発酵はほぼ1ヵ月という長期間をかけて、じっくりと行う。その後、スチールのタンクで熟成され、収穫からほぼ1年を経て、ようやくボトリングが行われる。

 

金色に優雅に輝く黄色が非常に魅力的で、その香りはライトで、十分に熟れたフルーツ香と、蜂蜜を思い起させるような多幸感を伴う。口に含めば、甘く洗練され、また、酸のフレッシュさとのバランスのために飽きがくることがない。


単品で、またはアーモンドやナッツ類、ドライフルーツのスイーツに合わせれば、完璧なデザート・ワインとなる。

プチマンサン100% 12度 375ml 

ピルロ からのメッセージ

Photo by 株式会社フィデア

尊敬する日本の人々に、ぜひ「イタリアワインの選び方」を伝えたい。生産する家族の歴史、その固有の土地へのリスペクトから始まり、できるだけ自然なワインを求めていることを理解してもらいたいと思っています。


我々が作っているワインは、ワイン造りの哲学においてひたすらまっすぐ、細部まで突き詰めてきたことによって生み出した、畑と醸造所での努力の結晶なのです。

 

プラトゥム・コーレルのワインはこの近年、一番素晴らしい結果を出しています。飲んでも頭が痛くならないこのワインを、素晴らしい日本酒にふれている先進的な日本の方々にもぜひ味わってもらいたい。そう願ってやみません。
 

アンドレア・ピルロ  Andrea Pirlo 

アンドレア・ピルロ Andrea Pirlo プロフィール

Photo by 株式会社フィデア

1979年5月19日、イタリア・ブレシア県フレーロに生まれる。

1995年に地元ブレシアでセリエAデビューを果たした後、インテル、ACミラン、ユヴェントスというイタリア三大ビッグ・クラブを渡り歩く。その後2015年には、MLSのニューヨーク・シティFCに移籍を果たした。

イタリア代表でも2002年に初選出されて以降、中心的選手として活躍を果たし、中でも2006年FIFAワールドカップでは3度のマン・オブ・ザ・マッチに輝き、イタリアの優勝の原動力となった。

ポジションはミッド・フィルダー(中盤)。


相手チームのマークが集中するトップ下のポジションを務めるにはフィジカルが脆弱であったこと、ロベルト・バッジョやルイ・コスタといったスター選手がチーム・メイトとしてトップ下に君臨していたこと等から、中盤の底のポジションで長短合わせた正確無比なパスと、芸術的なフリーキックを武器に攻撃の指揮を執る”レジスタ(演出家)”のスタイルを確立。

こうしたキャリアから、サッカー選手としては既に伝説的なレジェンドとしての扱いを受けているピルロだが、そんなピルロがサッカーに負けず劣らず愛情を注ぎ続けているのがワイン。

 

その愛情は、NIKE社製の自身のモデルのスパイクに、ワインの色を採用するほど。そんなワイン愛好家でもあるピルロが、2007年に地元ブレシアの農園を買い取り、自らの手で創設したワイナリーがプラトゥム・コーレル(PRATUM COLLER)である。

 

オウケイウェイヴでの「イタリア」についての投稿

まとめ

Photo by 株式会社フィデア

疑問、悩み、知りたいことがあったらQ&Aサイト「オウケイウェイヴ」で質問してみよう。あなたの知識・経験を生かす回答もぜひ!

https://okwave.jp/

ピックアップ

ページ先頭へ