【行政書士のお話】保証債務の相続

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:17
  • ありがとう数:0
石川 裕也 (行政書士)

はじめに

法務のことは俺に任せろ!

行政書士石川でございます。

 

先日、社会福祉関係の法律について研究してきました。

社会福祉法人の関係者、組織運営の方、ガバナンスについてもきっちり、うまくやりましょう!

 

経営者が亡くなった時、保証債務は法定相続人に相続される

さて、保証債務とは、、、

 

簡単に言うといわゆる保証人になっていたという場合などです。

会社経営者は、借入をする場合、ほぼ例外なく会社の連帯保証人として経営者自身が立ちます。

 

同じように、個人が家を建てる時にも夫婦が二人で連帯保証人になるケースや親族が連帯保証人になるケースなどよくあります。

 

あくまでお金を借りた本人が借入金を返すので借りた本人が約束通り返済していれば連帯保証人は債務について問題になりません。

 

しかし、経営者が亡くなった時にこの保証債務は、法定相続人に相続されますので対策を講じておく必要があります。

見えにくい保証債務に注意

これは家を建てる時も同様です。

 

実際に借りているお金を相続するのとは違い、表にはわかりにくい債務ですから認識しづらいものです。

 

このような場合には、家を建てる際には、保険をかけているかと思いますが、同様に会社にも借入金が返せるだけの保険をかけておくのが良いですね。

 

離婚や事業承継の際に見えにくい保証債務、ちょっと覚えておくと役に立つかもしれません。

まとめ

CCMOコンサルティング

Creed会計事務所

徳川綜合法務事務所 

合同会社ISKMA  http://pwfa-j.org 

代表 石川裕也

プロフィール
石川 裕也 (行政書士)
「あなたの切り札」
あなたのブレーンとして、サポート致します。
お困りの際は、お気軽にご相談ください。

◆注力分野・対応分野
【注力分野】
リスクマ...(詳しいプロフィールを見る

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ