【OKプレミア証券レポート】過去最小⁉ 米ドル/円

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:10
  • ありがとう数:0
OKプレミア証券 株式会社 (カスタマーサポート担当)

はじめに

Photo by okpremiere

OKプレミア証券のコンシェルジュがプロの視点で「個別株」「日経225」「FX」「商品先物」について分析した、投資に役立つ情報満載のレポートをお届けします。
 

著者:「OKプレミア証券コンシェルジュ」    櫻井千明
https://okpremiere-sec.jp/category/concierge/sakurai-chiaki/
 

※株式会社オウケイウェイヴは、2018年7月に、株式、日経225、FX、商品先物取引を取り扱うプレミア証券会社を子会社化しました。本記事は勧誘を目的とするものではありません。  

2020年は動きのあるドル/円が戻ってくることに期待

2019年のドル円の高値と安値の差は28日時点で7円97銭にとどまり、2年連続での過去最小値幅を更新。

 

去年は、一昨年12月中旬からの円高ドル安の流れのまま始まり、取引2日目の1月3日にはフラッシュクラッシュと慌ただしく始まりました。

 

しかし、その後は米中貿易協議の合意に期待が高まっていた4月24日の112.41円が年内の高値となり、トランプ米大統領が中国からの輸入品に対する関税引き上げを表明した8月26日の104.44円が安値と現時点では、昨年の過去最小値幅9.935円を下回る可能性が高くなっております。(値については、くりっく365を参照)

 

このように一昨年同様、大きなトレンドが生まれず2019年も終わりましたが、今年こそは、動きのあるドル/円が戻ってくることに期待する次第でございます。

 

ご覧になっていただいている皆様、また、お問い合わせをいただいた方々誠にありがとうございます。

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

まとめ

コンシェルジュ
櫻井千明


東京都出身・相場歴:16年

お客様とは何でもお話ができるフレンドリーな関係づくりを心がけています。たとえ取引がなくとも、長くお付き合いが続くこともあり、私がこの世界に入ってすぐ出会ったお客様で、その後約10年かけて契約をいただいた方もいるほどです。


そこで学んだことは“自然体”であることです。若い頃は、お客様とお会いする前に商談の内容を細かく計算していました。しかし、あまり先入観を持たずに、自然体で応対させていただくほうが、良い関係が築けると感じています。

プロフィール
OKプレミア証券 株式会社 (カスタマーサポート担当)
プレミア証券株式会社は、2005年1月に設立され、多くのお客様に開かれた総合的な取引の実現を目指し、投資のコンシェルジュともいえる相場のスペシャリストを揃え、ワンストップで「株」、「FX」、「商品」のすべてについて、タイムリーで質の高...(詳しいプロフィールを見る

ピックアップ

ページ先頭へ