急に解雇勧告を受けた時の乗り越え方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 1977
不況の時代・・・
会社から急に解雇勧告を受ける可能性はないことない。そんな時に少しでも損をしないように解雇勧告手当てについて。

STEP1日数

解雇になる日数を確認します。

STEP2手当て

告知から解雇日が30日以下の場合は、【解雇勧告手当て】をもらうことができます。

※例外もありますので、自分の解雇原因がこの手当てに該当するかしっかり確認しましょう。
例:天災などで会社経営が続行不可能な場合など

STEP3▽解雇予告手当てのもらい方

解雇前に会社にこの手当てのことを言うともらえない場合もあります。
解雇するくらいの会社だから、経営状態もそんなに良くない事が多いので、余分なお金は使いたくないのかもしれません。

その場合、【解雇通告書】をもらい、その後に内容証明書類などで請求しましょう。

【注意】解雇予告された日と解雇日の記載が必要ですので、ここの部分はしっかり書いてもらいましょう!

STEP4計算方法

金額は以下のように計算できます。

平均賃金 × (30日-解雇予告期間)=手当て金額

まとめ

派遣社員やパート、アルバイト勤務の人でも、解雇予告手当てをもらうことができる場合があります。契約方法が多岐に渡っているので、請求可能かしっかり確認しましょう!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

解雇告知

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ