Senseo(センセオ)のコーヒーポッド

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Senseoコーヒーメーカーは、挽いたコーヒー豆を詰めたポッドを使って少量のコーヒーを入れる方法の1つで、コーヒーポットにコーヒーが全部できあがるのを待つことなく、1~2杯のコーヒーを準備することができます。Senseoはフィルターカップにぴったり合ったポッドを使用します。Senseoは独自のポッドブランドを持っていますが、消費者はほかの互換性のある方法でも使用します。

STEP1Senseoブランドのポッド

Senseoのメーカーであるフィリップス社は、最適な1杯のための Senseoブランドのポッドをお薦めしています。製造サイドによると、このポッドを使うことは、機械が正確に作動することを保証し当然コーヒーはおいしくなるということです。Senseoには、ボールド、ライト、またカフェイン抜きやフレーバーコーヒーも含めてたくさんの種類のポッドがあります。

STEP2他ブランドのコーヒーポッド

市場にはたくさんの種類のSenseoポッドがあります。他者よりよい評価をしている人もいます。Senseoではない他者ブランドを使うときに消費者が出くわす問題は、薄いコーヒーができたり、機械の性能が粗悪であったりするということです。正しい速度でコーヒー作るためための水をポッドには入れません。なぜならそうすると水が逆流するか、注ぎ口からコーヒーが流れる代わりに、フィルターのところであふれてしまいます。こうなるとSenseoマシンを壊してしまうことになってしまいます。ですのでSenseoの製造サイドは、Senseoブランドのポッドを使用することをお薦めしています。

STEP3

互換性のあるブランドを探すと、コーヒーの万能ポッドの代わりにSenseoが書かれています。万能ポッドはSenseoマシンでは使えません。Aloha IslandやBaronet、Kienna、そして Solera teasなどのブランドは使えます。Senseo以外のブランドを使用することでいいことは、Senseoが現在提供していない、紅茶やほかの温かい飲み物が作れるということでしょう。

STEP4ホームメードポッド

喫茶店などで好みのコーヒー豆がある人は、Senseoマシンを使って自分のポッドを作れます。まずポッドフィルターの購入が必要です。これはSenseoマシンのために作られたポッドフィルターですがSenseoの名前で売られていないものです。フィルターの中に入るコーヒーの粉は、細かく挽かれたものを使用します。ポッドをふさぐためにポッド密閉装置、あるいはポッドメーカーが必要となるでしょう。使用可能なブランドはたくさんあります。大切なのはフィルターとポッドがそれぞれSenseoと相性がいいこと。ポッドメーカーは、コーヒーの粉が中に入った後、フィルターのへりを熱でふさぐという簡単な装置です。コーヒーの粉が荒すぎたり、ポッドにコーヒーの粉を入れすぎると、ふさぎ方が不完全なポッドは、十分に水が行き渡らないコーヒーになってしまいます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ