平らなコーヒーフィルターはより浸潤時間を要するか。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:672
  • ありがとう数:0

はじめに

コーヒーフィルターには円錐型とバスケット型の2種類があります。どちらも紙や繰り返し使えるパーマネントタイプのものがあります。

STEP1どっちのフィルターで?

どちらのフィルターを使うかはあなたのコーヒーの入れ方次第です。商業ドリップコーヒーメーカーは明らかに言います、コーヒーに滴り落ちるお湯の軌跡やフィルターの形次第だと。液体の噴出がより幅があるものは底が平らになっているフィルター、それに対して噴出が長くて小さいものは円錐型。

STEP2浸潤時間

適切に機能しているなら、円錐型はバスケット型よりもより浸潤時間を要します。しかしながら、バスケット型は一般的に平らな底の真ん中に、コーヒーの液体が出てくるように小さい穴があります。(円錐型フィルターの底の並んだ穴とは反対に)。これはコーヒーを浸潤し過ぎて詰まりがちにします。

STEP3パーマネントフィルター

紙のフィルター(円錐型、バスケット型どちらも)はパーマネントフィルターよりもコーヒーをなめらかな味わいにします。パーマネントフィルターよりもより細かく挽かれた豆でより濃いコーヒーを作り出します。しかし、紙のフィルターのような方法で豊かな風味を閉じ込めることはしませんが、パーマネントフィルターはより深いニュアンスの味わいのするコーヒーを作り出します。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ