サツマイモの料理の仕方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

サツマイモは、コロンブスがセント・トーマス島から持ち帰ったときに、その他の地域に初めてその存在を知られました。焼いたり、ゆでたり、またはレンジで調理して、ジャガイモ料理を作るように、サツモイモでもおいしい料理を作ることができます。下記に4つの方法をご紹介します。

STEP11 皮がついたままのサツマイモを焼きます。

洗って両端を切ったサツマイモをあらかじめ熱しておいたオーブンに入れ、約200度で40分から60分焼きます(焼く時間はサツマイモの大きさや好みの焼き加減の堅さにもよります)。クッキングシートの上でサツマイモを焼きましょう。サツマイモの糖分が滴り落ちてきてオーブンのお皿を焦がすからです。

STEP2

2 皮をむいてぶつ切りにした玉ネギとサツマイモを合わせた塊を、約200度のオーブンで40分から60分焼きます。そしてそのサツマイモの上にオリーブオイルを少しさーっとかけます。

STEP3

3 サツマイモの皮をむいたものとむいていないものを一緒にゆでるか蒸して、それを荒くぶつ切りにしてある程度しんなりするまでつぶします。時間はサツマイモの大きさによっても変わります。小さい塊で5分、サツマイモ全部だと30分ほどかかります。

STEP4

4 皮をむいているサツマイモとむいていないサツマイモをラップで緩く包みます(フォークでラップを刺して数カ所穴を開けます)。そしてレンジで10分から15分ほど、柔らかくなるまで加熱します(もしレンジにサツマイモの設定があればそれを使いましょう)。

STEP5

5 加熱したサツマイモをつぶして、バターとピューレ状態になるようミルクを入れて混ぜます。お好みで黒砂糖、シナモン、ショウガを加えます。よく加熱されたサツマイモはフォークで簡単につぶせます。

まとめ

ヒントと注意点
数種類のサツマイモがあります。よく目にするのは、明るい黄色い色をしたものや、黒っぽいもの、乾燥したもの、しっとりしたもの、甘みの強いものなど、よくヤムイイモと間違われたりします。サツマイモのどんな種類のものでも以上の調理はできますが、一緒に使用しないこと。それぞれの種類によって調理時間が違うからです。乾燥したものはしっとりしたものよりも早く調理できます。

さらにサツマイモレシピをお知りになりたい方は、関連記事をご覧ください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

果物や野菜の皮むき器、蒸し器のセット、ポテトつぶし器、クッキングシート

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ