フランスのパリ市内で採取された希少な蜂蜜「Miel de Paris(パリの蜂蜜)」が発売

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by リンベル株式会社

リンベル株式会社(以下リンベル、本社:東京都中央区)は、フランス・パリの老舗蜂蜜店「LA MAISON DU MIEL(ラ・メゾン・デュ・ミエル)」の「Miel de Paris(パリの蜂蜜)」を、リンベル ギフトブティック HINKA RINKA銀座(東急プラザ銀座内)にて12月1日(日)で販売。今後はリンベルWEBサイトでの通販や同社のカタログギフト「スマートギフト」への掲載も予定。 

「Miel de Paris(パリの蜂蜜)」

「Miel de Paris(パリの蜂蜜)」は、ヴァンセンヌの森、モンソー公園、プランタンデパートなど、パリ市内で採取された年間200kg、1600個分しか採れないという希少な蜂蜜。パリの「LA MAISON DU MIEL」直営店や、パリ市内のデパート「ギャラリーラファイエット」にて販売されている。

 

 ベースとなる花はパリの街角の風景にかかせないティヨル(菩提樹)やマロニエなど。ティヨルの花の蜂蜜は爽やかな味わいが特徴で、そこに栗の花のこってりとしたまろやかさが加わることで、バランスの良い味わいの蜂蜜になっている。加えて市内に咲く様々な花の蜜が混ざっており、その年によって味の微妙な変化も楽しめる。
 

 

パリ市内には草花が多く定期的に植え替えられるため、継続的に花が咲いていて蜂蜜の収穫が安定していることに加え、15年前からパリ市内の植物には農薬の使用が禁止。そのため、蜂蜜の品質が限りなくナチュラルであることがパリ市内で蜂蜜の採取に乗り出すきっかけとなった。また近年、建物内の気温上昇を抑える対策として屋上の緑地化が奨励されており、蜂の巣を市内の大規模な建造物の屋上に設置したことも、建物屋上緑地化プロジェクトの一環となっている。
 

 

リンベルでは、2016年よりカタログギフトで「LA MAISON DU MIEL」の蜂蜜の取り扱いを開始(現在は4種類)。累計1万個を超える申し込みのあるを人気商品。2020年には更なるラインナップ増も予定。 

「LA MAISON DU MIEL」

Photo by リンベル株式会社

1898年創業の老舗蜂蜜専門店で、パリでは「一家にひと瓶」と言われるほどのメジャーブランド。パリ9区にて100年以上の歴史を持ち、フランス産を中心にアカシアなどのスタンダードな味わいから、ユーカリなどの希少なものまで50種を超すフレーバーを販売。国外にも多くのファンを持つ蜂蜜の名店 

商品概要

商品名 : Miel de Paris(パリの蜂蜜)
内容量 : 125g
価格 : 3,000円(税抜) 

 

 ・取扱い

リンベル ギフトブティック HINKA RINKA銀座(東急プラザ銀座 4F)
リンベルホームページ(http://www.ringbell.co.jp/) 

まとめ

オウケイウェイヴでの「はちみつ」についての投稿はこちら https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E3%81%AF%E3%81%A1%E3%81%BF%E3%81%A4 

ピックアップ

ページ先頭へ