白髪の原因と予防法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

加齢に伴い、多くの人を悩ませる白髪。
遺伝?ストレス?
原因は様々ですが、取り除けるものは取り除いて
無理に染めなくても、美しい黒髪で入れるよう心がけたいものです。

STEP1☆黒髪に必要なものはメラニン色素

メラニン色素に栄養が行き届き、初めて人の髪は黒くいられます。
メラニン色素に栄養が届くためには、血液に乗って栄養が運ばれなければなりません。

過度なダイエットは、メラニン色素に必要な栄養を運べず
また、どろどろの血液では、メラニン色素に栄養を届けることができません。

まずは食生活の見直しが必要になります。

過度なダイエットはしない。
脂っこいものやお酒などの過剰摂取も控えましょう。

STEP2☆白髪が生えるメカニズム

もともと白いはずの頭髪に、メラニン色素が入っていることで、黒髪でいられるのですが
そもそもこのメラニン色素は「メラノサイト」という色素細胞が作り出しています。

しかし、老化や病気などによりメラノサイトの働きが悪くなると、
髪が生えかわる時に、毛乳頭のまわりにメラノサイトが再配置されなくなったり、
メラニン色素を作れなくなってしまいます。

メラニン色素を取り込めなくなった毛髪においても、
毛母細胞の分裂が増えていれば、髪の毛は伸び続けます。
こうして、メラニン色素を含まない毛髪、白髪が生えてくるのです。

STEP3☆頭皮は柔らかく保つ

【白髪を予防する食生活】

白髪を予防するには、頭皮を柔らかく健康に保つことが大切です。
そのためには、細胞の弾力を守るコラーゲンを積極的に摂っていきましょう。
コラーゲンはうなぎや豚足に豊富に含まれています。

体内で加齢と共にコラーゲンが減少していくのは、実は活性酸素が原因です。
この活性酸素の働きを抑える栄養素はビタミンEとビタミンCです。
特にビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれるほど、抗酸化力が強いです。

ビタミンCは果物や野菜に、ビタミンEはウナギやアーモンドに豊富です。

STEP4☆健康な毛髪を保つ

健康な毛髪を保つために、毛母細胞が栄養不足にならないようにしましょう。
毛細血管の血行と血液の状態を整えるために、ぜひビタミンEと、
マグネシウムを摂ってください。鉄や銅も、健康な血液には必要です。

銅は牛のレバー・マグネシウムはアーモンドなどに含まれます。

ケラチンというタンパク質が不足しても、髪は細く痩せ細ってしまいます。
ケラチンのモトとなるアミノ酸・ビタミンB6・亜鉛をしっかり摂りましょう。

アミノ酸は大豆や赤身の肉に、ビタミンB6はカツオやマグロに、
亜鉛は小魚や海草に豊富に含まれています。

STEP5☆ストレス、睡眠不足解消

受験やストレスフルな状況で、白髪が増えたり、円形脱毛症が起きたり、
というパターンがあります。精神的なストレスは、髪の健康によくありません。
うまくストレスを解消していきましょう。

また精神的なストレスもですが、身体的なストレスも解消してください。
過度のダイエットで体の健康状態が悪くなり、髪が抜けたり白髪が増えたり、
という女性がいます。たとえ痩せても、これではダイエット失敗ですね。

睡眠不足も、白髪には大敵です

STEP6☆一度生えてしまった白髪を目立たなくするには

【髪を保湿する】

髪がパサパサ乾燥していると、なんとなく白っぽく見えてしまいます。
逆にしっとりと保湿が行き届いている髪は、黒っぽく見えるものです。

実際に白髪を色づけなくても、髪を保湿すると、白髪は目立ちにくくなります。
保湿剤や、保湿効果のあるスタイリング剤を使用しましょう。

【頭皮マッサージ】

頭皮をマッサージして、その血行を促進することで、毛母細胞が活性化します。
毎日のシャンプーの前後に、指先で軽く頭皮のマッサージをして、
頭皮の新陳代謝を高め、髪のつやをアップさせましょう!

白髪そのものの色は変わらなくても、その他の黒髪を健康的にすることで、
髪の印象は随分変わってきます。

まとめ

生えてしまった白髪を抜くことは、絶対にやめましょう。
その白髪が生えていた周辺の毛根まで痛め、もともと黒髪が生えるはずだった毛穴からも白髪が生えてしまう可能性があるからです。

予防や目立たなくする方法を用いても、気になって仕方のない方は
あまり頭皮が傷まない染め方(ヘナなど)を用いて、ストレスのない生活を送るように心がけたほうがいいです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ