クラフトコーラはタピオカミルクティーに代わる次に流行るドリンクになるかも!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:12
  • ありがとう数:0
OKWAVE 編集部 (マーケティング担当)

はじめに

Craft Cola could be the next big drink trend takes the place of bubble milk tea

 

Whenever we think about craft drinks, the first thing that comes to mind is craft beer which has become global trend amongst beer lovers since this decade. Other than beer, there are variety types of craft drinks can be found everywhere nowadays, but craft cola could be the next trend, spreads from Tokyo to all over the world in the new future. In this article, we will introduce about the world’s first craft cola shop in Tokyo.

 

クラフトドリンクといえば先ず、最初に思い浮かぶのは10年前くらいからビール愛好家の間で流行り、世界のトレンドとなったクラフトビールですよね。ビール以外にも、最近では様々なタイプのクラフトドリンクがあちこちで見かけられますがクラフトコーラは近い将来東京から世界に広がっていく次のトレンドになるかもしれません。今回は、東京にある世界で初めてのクラフトコーラ店をご紹介します。

Iyoshi Cola 伊良コーラ

Iyoshi Cola is the world’s first craft cola shop that specializes in raw craft cola made of a mixture of more than 10 spices and citrus fruits that gives a flavor unlike Coca Cola or Pepsi. It is a food truck -style shop, run by one young man who calls himself Cola Kobayashi. He has traveled around the world to seek out new varieties of flavors with finest quality of spices and took about three years to create his original recipe. His grandfather was a traditional herbal medicine craftsman, so Kobayashi inherited his grandfather’s blending expertise, which he uses in his craft cola. 

伊良コーラは10種類のスパイスと柑橘類をブレンドした、コカコーラやペプシとは異なる風味がある世界初の生クラフトコーラ専門店です。お店はフードトラック形式で自身をコーラ小林と呼んでいる一人の若い男性が経営しています。彼は高品質なスパイスかつ新しいフレーバーを求めて世界中を旅し、およそ3年かけてオリジナルレシピを作りました。オーナーである小林さんの祖父は和漢薬の職人だったので、彼は祖父の技術を引き継ぎ、クラフトコーラ作りに応用しました。

Where to find 場所

Iyoshi Cola truck can usually be found in the Farmer’s Market held by the United Nations University every weekend. However, Iyoshi cola’s business schedule is unpredictable, so it's better to check Iyoshi Cola official Instagram or its website for the latest information. 

伊良コーラトラックは国際連合大学が毎週末に開催しているファーマーズマーケットで見つけることができますが、伊良コーラの営業スケジュールは予測できないため、公式インスタグラムやオフィシャルサイトで詳細をチェックしたほうがいいかもしれません。

プロフィール
OKWAVE 編集部 (マーケティング担当)
OKWAVE Editorial Department(詳しいプロフィールを見る

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ