【OKプレミア証券レポート】内外ともに金は、底堅い展開を予想。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:14
  • ありがとう数:0
OKプレミア証券 株式会社 (カスタマーサポート担当)

はじめに

Photo by okpremiere

OKプレミア証券のコンシェルジュがプロの視点で「個別株」「日経225」「FX」「商品先物」について分析した、投資に役立つ情報満載のレポートをお届けします。
 

著者:「OKプレミア証券コンシェルジュ」   高橋英希
https://okpremiere-sec.jp/category/concierge/takahashi-hideki/
 

※株式会社オウケイウェイヴは、2018年7月に、株式、日経225、FX、商品先物取引を取り扱うプレミア証券会社を子会社化しました。本記事は勧誘を目的とするものではありません。  

内外ともに金は膠着状態

Photo by okpremiere

前回(10月23日)に更新したブログでは、大口投機家のポジション整理のきっかけは、10月24日のペンス米副大統領の対中国政策についての演説、ECB理事会(ドラギ総裁記者会見)、29日・30日のFOMC(パウエルFRB議長記者会見)とお伝えしました。

 

しかし結局のところ、未だ内外ともに金は膠着状態となっております。10月29日・30日のFOMCでは、市場の予想通り、政策金利であるFFレートの誘導目標を0.25%引き下げましたが、NY金は1500ドルを挟んだ攻防戦となっております。 

米中貿易摩擦懸念がやや後退

Photo by okpremiere

米中貿易摩擦懸念がやや後退し、年内利下げ打ち止め観測が強い中、依然としてNY金は1500ドルを維持しております。NYダウが4日に高値更新しても、NY金は底堅く推移しております。前々回指摘しましたように、NY金が1450ドルを下回らない限り、未だ根強い人気が金をサポートしているようです。 

 

人気のバロメーターとなります米国金ETFを見ますと、ここ数日間減少しておりますが、未だ高水準を維持しています。そのため、NY金は底堅い展開を見せております。 

11月中旬までは、買い方有利と予想

Photo by okpremiere
Photo by okpremiere

 NY金12月限の取り組みを見ますと、ほぼ増減なく推移しております。つまり、2月限への乗り換えは行われていないということになります。ただし、今月中旬には投資家がファンドを解約する場合の45日前ルールになります。つまり、11月中旬以降は投資家が、ファンドを解約することが出来ないということになります。

 

先週末の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想の8万9000人増を上回り、12万8000人増。8月・9月分の雇用者数も上方改定されたにもかかわらず、NY金が堅調に推移していることから、材料(ファンダメンタルズ)というよりはファンドの手仕舞いを促す時期・期限が相場を左右すると考えております。そのように考えますと、11月中旬までは、買い方有利の展開を予想します。 

まとめ

コンシェルジュ
高橋英希


岩手県出身・相場歴25年

私は、金融業界で20年以上経験があり、株式や商品先物など、お客様へ幅広い提案をしております。ファンドの動向や時代の流れを読みながら、事実を背景に、相場のポイントを伝えするようにしています。


買いチャンスであっても、余裕を持って取り組むことをおすすめしています。急に相場が反対に動いた時でも、対応がしやすいように考えていきたいですね。この姿勢は少し慎重かもしれませんが、まずはお客様の安心があってこそ、良い取引ができると信じています。

プロフィール
OKプレミア証券 株式会社 (カスタマーサポート担当)
プレミア証券株式会社は、2005年1月に設立され、多くのお客様に開かれた総合的な取引の実現を目指し、投資のコンシェルジュともいえる相場のスペシャリストを揃え、ワンストップで「株」、「FX」、「商品」のすべてについて、タイムリーで質の高...(詳しいプロフィールを見る

ピックアップ

ページ先頭へ