記憶力アップする秘訣

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by mamesoccer
受験シーズンが近づいてまいりましたね。
合格の二文字に向かって勉強に励んでる方がたくさんいるでしょう。
そこでぶち当たる壁が記憶ですよね。
何回も頭に入れたのになかなか保持ができない、そーいう方がたくさんいると思います。
そこで記憶力をアップする秘訣を教えます。
ぜひ参考にしてください。

STEP11. 自分の忘れ方を知っておく

記憶力を高める第一のコツは、自分の忘れ方のパターンを知ること。忘れるまでの時間は、3日で忘れるもの、3週間で消えるものなど、記憶している情報の種類によってさまざまです。一般に「記憶力がいい」といわれる人は、記憶が3~4割失われたタイミングでおさらいしていることが多いもの。自分の記憶パターンを観察して、3割程度忘れた頃におさらいするようにすると、記憶の定着率がぐんと良くなります。

2. 憶えやすい形を工夫する
 
憶えやすい形を工夫することは、自分によくわかるようにするということです。それはつまり、理解しやすくすることです。脳の中の海馬(かいば)という器官は、情報に、あるまとまりを与え、他の情報と関連させ位置づけます。海馬に流れ込んだ情報は、らせん状にグルグル回り、弱い刺激でも立ち上がるネットワークを形成します。これが「記憶」です。つまりこれは、憶えようとすることを理解していく過程でもあるわけです。

3. 感動しながら憶える
 
脳は感動なしの丸暗記が苦手です。強く記憶したいことがあるときは、「今、すごいことを憶えてるんだ」というように、ワクワクしながら憶えると、記憶が定着しやすくなるというわけです。好き嫌いといった生物学的な判断をする扁桃体(へんとうたい)が、記憶力をつかさどる海馬に情報を伝えるゲートの役目をしていて、扁桃体が興奮すると情報ゲートが開かれ、記憶ネットワークが作られやすくなるのです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ