就職と退職の都合のいい口実

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ホエン
世の中を見渡していると、就職にうまくいっていない人がいるようです。そういう人に、どういったアドバイスを聞くべきか、心構えで行くべきかを、伝授します。

STEP1

まず、正論や、会社の必要な人物像を真に受けてはいけません。会社は所詮学歴や自分の欲しい条件でふるいにかけた後、面接の口上を言ってくれるかどうかを期待しているだけです。

コミュニケーション力や自発性というキーワードが流行っていますが、面接でそういうそぶりができるだけでいいのであって、本気で人付き合いの上手なサラリーマンやなんでも自分で判断できるサラリーマンがいるはずありません。

STEP2

会社の人間は情で接してはいけません。自分の得になるときだけ人間的に接すればいいのです。それは退職のときも同じ事で、前の職場に遠慮して仕事を決めないとか、そういったことはひつようありません。

なんでも卒なくこなす。目立たない。周囲をよくうかがうといったことが、日本企業ではこれからもずっと必要です。

日々を明るく生きて会社では要領よく振舞う。こういったことが大切ですね。

まとめ

本当に情を傾けるべきことは、もっと別のところにあるのかもしれません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ