「勾玉(まがたま)」ガイド!「本来の形は?」「三種の神器の勾玉」「勾玉の石は何が良い?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:14
  • ありがとう数:0

はじめに

9月6日は勾玉(まがたま)の日。

 数字の6と9が勾玉に似ていることから、出雲型勾玉を出雲大社や皇室に献上している株式会社めのやが制定 しました。オウケイウェイヴでの勾玉に関した質問・回答をまとめました。

勾玉の形について

勾玉(まがたま)の本来の形

グーグルで勾玉を写真検索するとたくさん出てきました。

よーく見ると丸みがそれぞれ違うことがわかりました。

本来の基本形みたいなものがあるのでしょうか?

とても綺麗に整って見えるものがあれば、写真やURL等で教えてください。

参考に
 http://www.magatama-sato.com/

昔テレビ東京に「極める」という番組があって、
毎回テーマが違い、勾玉だけを30分語り尽くす回が
ありました。
胎児を模したという説と動物の牙を模したという説があり、
あらゆる勾玉を見せていましたが、
いずれにしてももともと土着的な素朴な古代の工芸なので
厳格に形が決まっているわけではありません。

勾玉を含む三種の神器は実在する?

三種の神器と言うのは実在するのですか。

三種の神器の一つ、名古屋の熱田神宮にあるといわれるアメノムラクモの剣は有名ですが、他の二つ、ヤタの鏡、ヤサカ二の曲玉はどうなのでしょうか。
実際にあるのなら、どこの場所(神社?)なのでしょうか。
また、熱田神宮の剣は本物なのでしょうか。
教えて下さい。

おっしゃるとおり、別名草薙の剣(クサナギノツルギ)は熱田神社です。別の伝説では、平家と共に壇ノ浦に沈んだとも言われますが、本物とみていい、という説が有名です。

八咫鏡(やたのかがみ)は、伊勢神宮です。元々のものとは違うようですが、何度か火災にあっているようなので、作り直した、という意味なのかもしれないです。(ちょっとあやふやですみません)
二面つくった、という話も聞いたことがあります。

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は宮中です。

こんな感じでいかがでしょうか。
お役に立てていれば、嬉しいです♪

勾玉はなぜなくなった?

勾玉はなぜなくなったの?

ず~っと昔にも質問したんですが、
古墳とかで勾玉と金の耳飾とか、金属製のいろんな飾り物ってでてきてますよね?
けど、飛鳥とか奈良時代では指輪とかネックレスとかってつけてませんよね?
縄文時代のひとがつけていた原始的な土製のものとかなら、弥生人におされて
消えていった、っていうのもわかるんですが、渡来人の高度な技術でつくられた
金製とかのアクセサリーまでなぜなくなったのでしょう?
古墳時代だってたくさん大陸の影響を受けていて、そういう大陸風の時代が長く
続いていくのに、なぜアクセサリー関係だけなくなってしまうんでしょうか?
有名じゃないだけで実はのこっていたんでしょうか?
テレビでやっていた朝鮮の冠にも勾玉はついていたし、日本独自のものではないと
おもうんですが…。
大陸でもあんまりアクセサリーつけてるってイメージはないんですが、大陸でも
そういうものはきえていったんですか?
まえ博物館で昔の沖縄の女性の絵(きっと日本で言うと江戸時代の絵)があって説明にも「ちゃんと指輪をしていて…」ってかいてあったんで沖縄にはのこっていたと思います。
どうして消えていってしまったのかぜひ教えてください。

 悪霊から身を守る護身呪物が時代や地域、信仰によって異なるからでしょう。
 勾玉や管玉をつなげた貴重なネックレスやブレスレット、指輪、数珠、刀、鏡、櫛、お守りなど身に付けて携帯する護身具。文身(いれずみ)による魔よけ。護符(お札)による魔よけ。
 縄文・弥生といった八百万の神を信仰している時代には、勾玉などで護身したでしょう。その後、仏教が広く信仰されるようになった時代には、数珠や護符(お札)へと変わっていったと思われます。
 平安時代の十二単のお姫様は、扇を携帯していますよね。この扇も護身具です。
 また、南方の人やアイヌの人たちには、文身の習慣がつい最近まで残っていました。火消しの人も火難から身を守るため刺青をする習慣があったそうです。
 「指輪や首飾りをする文化」が、なぜなくなったか。それは、指輪や首飾り以外の護身呪物に変化していったからだと思われます。

勾玉に使用する石は何が良い?

勾玉の正式な形は?

日本の神道が、好きで ペンダント(ネックレス)に下げたいと思います。
 三種の神器の1つの勾玉の正式な形は、どんな形ですか?
T&Cみたいなブランドの形は、ちがいますか?
 また、使用する石は、なにがいいでしょう?

T&Cは陰陽道です。中国の宗教です。
まあ勾玉も同じ形ですけど。神道が好きという例えには向いてませんね。
勾玉の正式な形というのはありません。管玉(くだたま)というマカロニ状の玉(ぎょく)も勾玉です。使用する石も玉であればなんでもいいのです。玉とは貴石全ての事で、当時であればガラスも玉です。
珍しい綺麗な石があったから宗教につかっただけです。一番ありがたがったのはヒスイでしょうね。

 日本中、城を求めて旅していますが、ついでに神社仏閣、遺跡なども見てきます。有名な所では三内丸山から吉野ヶ里まで見ています。

 各地の遺跡で見える物、「風土記の丘」みたいな施設で売られている物を見ると、6を逆さまにしたようなの(9みたいなの、と言ってもいいのですが)が、一番多いように思われます。

 石はさまざまですが、やはり、遠路はるばる運ばれたことがハッキリしていて、多くの遺跡で1つ2つは見つかるらしい「翡翠」が一番よいのではないでしょうか。

まとめ

OKWAVEの利用でOKチップをためると素敵な商品やクーポンがもらえます

https://okwave.jp/te_benefit 

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

Q&Aサイト「OKWAVE」

 https://okwave.jp/ 

ピックアップ

ページ先頭へ