ポケットWiFiとWiMAXの違いって?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:37
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

外でも便利にインターネット回線が利用できるポケットWiFiとWiMAXは近年、利用者が急増していることから注目を集めていますが、この2つの違いがよくわからないために利用することに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

 

ポケットWiFiとWiMAXは回線の仕組みや料金などにそれぞれ違いがあります。後からお得なプランがあることに気づいて後悔しないように、この2つの違いを把握して失敗しないおすすめの選び方をご紹介します。

ポケットWiFiとWiMAXとはそもそも何?

ポケットWiFIもWiMAXも共に携帯用のWiFiルーターの仲間です。外出中でも持ち歩いて無線LANによるネット回線が利用でき、ポケットWiFiはドコモ、ソフトバンク、

Y!mobileが提供しているWiFiルーターを指し、WiMAXはau、UQ WiMAXが提供しているWiFiルーターを指します。しかし、実際はこのポケットWiFiとWiMAXを全て含めてポケットWiFiと総称されることが多いです。

ポケットWiFiとWiMAXの違い① 回線速度

ポケットWiFiとWiMAXは回線速度に大きな違いがあります。ルーターの種類によって最高速度は変わりますが、ポケットWiFiの最高速度は下り612Mbps、WiMAXの最高速度は下り1.2Gbpsです。

WiMAXプロバイダの多くは高速インターネットをセールスポイントとして訴求していますが、最大速度は光回線以上の1.2Gbpsを誇ります。ただし、このスピードは都市圏を中心に一部地域のみで提供されているものであり、地方ではこれよりもスピードは低下します。
出典: https://pokemoba.com/ 

この回線速度の最高値は理論上の数値であるため、実際の速度はかなり異なる場合がほとんどです。

あくまでも目安として考えておくと良いでしょう。

ポケットWiFiとWiMAXの違い② 速度制限

「UQ Flatツープラス ギガ放題」をご契約の場合、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信において月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限(月間7GB超)が適用されません。ただし、au 4G LTE対 応ルーターの場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。また、ネットワーク混雑回避のための 速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。
出典: https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/point/ 

1か月のうちに回線の使用量が一定量を超えると回線の速度が制限されて、会社によってはインターネットが利用できなくなるレベルまで、回線速度が落ちてしまう場合があります。

 

ソフトバンク、ドコモのポケットWiFiでは、1か月に利用できる回線の容量が定められており、ドコモでは5GB、ソフトバンクでは7GBです。この2つは速度制限が起こると128kppsまで速度が落ち込んでしまうので、インターネットを利用することは難しくなります。

 

Y!mobileのポケットWiFIやWiMAXでは、1か月の回線容量が無制限で好きなだけ利用することができます。

 

しかし、3日間で10GBを超える容量を使用すると、一時的に速度制限がかかって回線速度が遅くなり、速度は1Mbpsまで低下します。

 

1MbpsはYoutubeの動画が標準の画質で問題なく見れる速度であるため、インターネットは問題なく利用することが可能です。

ポケットWiFiとWiMAXの違い③ 月額基本料金

1か月の料金1か月の通信量割引の有無

ドコモ6900円5GB割引なし

ソフトバンク3696円7GBユーザー割引あり

au4380円使い放題ユーザー割引あり

Y!mobile4380円使い放題割引なし

UQ WiMAX4380円使い放題プロバイダ割引あり

 

ポケットWiFIとWiMAXは会社によって月額基本料金が大きく異なります。ポケットWiFiはドコモがもっとも高く、ルーターの端末代もかかってしまうため、この数値よりもさらに料金が発生します。

 

ソフトバンクはユーザー割引がありますが、通信量が7GBしか使えないためあっという間に速度制限がかかってしまいます。

 

au、Y!mobile、UQ WiMAXは月額料金や通信量が無制限と横並びですが、auとUQ WiMAXは割引サービスがあるのに対してY!mobileは割引サービスがないのがネックです。この違いを見ると、お得に使えるのはauとUQ WiMAXの2社になります。

auとUQ WiMAXのサービスの違いとは?

        au  GMOとくとくBB

1~2か月目  :4380円  3609円

3か月目以降  :4300円  4263円

月額割引    :1000円    0円

キャッシュバック: 0円  42200円

総額      :128008円112960円

 

2018年からWiMAXの契約年数はほとんどが3年契約となりました。そのため、総額は3年間で計算しています。

 

auはauユーザーに対してのみ「auスマートバリュー mine」というサービスを行っています。これは月額料金が最大1000円引きになるというサービスです。

 

対して、UQ WiMAXは提供しているプロバイダごとにさまざまな割引サービスを受けられます。

 

中でも「GMOとくとくBB」は月額が3609円からで、最大で42200円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

このキャッシュバック額は業界でも最大で、現在のポケットWiFiとWiMAXを全て含めて、総額の値段がもっとも安いプロバイダとなるのでおすすめです。

まとめ

Photo by 【公式】GMO とくとくBB|WiMAX(ワイマックス)キャッシュバックキャンペーン

ポケットWiFiとWiMAXにはさまざまな違いがありますが、利用するなら回線の容量制限がない無制限プランで、

 

お得に使えるUQ WiMAXのプロバイダ「GMOとくとくBB」がおすすめです。

 

総額料金がもっとも安いプロバイダはここなので、ポケットWiFiやWiMAXの契約を検討している方は、ぜひこのプランで契約を結んでみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ