【OKプレミア証券レポート】トルコ統一地方選挙

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:19
  • ありがとう数:0
OKプレミア証券 株式会社 (カスタマーサポート担当)

はじめに

Photo by okpremiere
OKプレミア証券のコンシェルジュがプロの視点で「個別株」「日経225」「FX」「商品先物」について分析した、投資に役立つ情報満載のレポートをお届けします。

 

著者:「OKプレミア証券コンシェルジュ」 森村等 

 https://okpremiere-sec.jp/category/concierge/morimura-hitoshi/ 

 

株式会社オウケイウェイヴは、2018年7月に、株式、日経225、FX、商品先物取引を取り扱うプレミア証券会社を子会社化しました。本記事は投資の勧誘を目的とするものではありません。

http://www.okwave.co.jp/press/20180611/

厳しい状況が続くエルドアン政権

Photo by okpremiere

 https://okpremiere-sec.jp/cms/wp-content/uploads/2019/04/ab60abe910428e34ad290167822c7213.png 

※ くりっく365、トルコリラ/円日足チャート(OKプレミア365FXより) 

 

3月31日に投開票されたトルコの統一地方選挙で、エルドアン大統領が率いる与党連合は厳しい結果を突きつけられました。

 

首都アンカラでの敗北に続き、最大都市イスタンブールでも野党優勢のもようで、低迷する経済や強権的な政治手法で都市部の多くの有権者の支持を失ったと思われます。今回の選挙はエルドアン氏の信任投票とみなされていただけに、政権への打撃は避けられそうにありません。

 

さらに米国防省が4月1日、トルコに対する米国の最新鋭ステルス戦闘機「F35」に関する機器の出荷停止を発表しました。トルコは10月にもロシアから地対空ミサイル(SAM)「S400」を調達する計画で、米欧の安全保障協力をめぐり、新たな火種になりそうです。

ゴールデンウィーク前後の値動きには警戒を

Photo by okpremiere

出所;くりっく365為替売買動向より、筆者が独自作成 

 

東京金融取引所のFX取引データによると、個人投資家のトルコリラ/円の買い建玉は3月28日時点で31.7万枚。3月21日の直近ピークから減少していますが、フラッシュクラッシュ(瞬時急落)発生前日の1月2日の水準(28.8万枚)を上回り、昨年8月のトルコショック直前(同月3日で32.5万枚)とほぼ同水準となっています。

 

今月末からのG.W10連休を控え、流動性の低い祝日や週明けの早朝にトルコリラの一時的な下振れには十分注意を払う必要があると思われます。

プロフィール
OKプレミア証券 株式会社 (カスタマーサポート担当)
プレミア証券株式会社は、2005年1月に設立され、多くのお客様に開かれた総合的な取引の実現を目指し、投資のコンシェルジュともいえる相場のスペシャリストを揃え、ワンストップで「株」、「FX」、「商品」のすべてについて、タイムリーで質の高...(詳しいプロフィールを見る

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

 ・OKプレミア証券コンシェルジュによる、充実のレポート

様々なコンシェルジュによるブログ記事が満載のオフィシャルレポートサイトもぜひご覧ください。OKプレミア証券なら、コンシェルジュの充実したレポートが無料でご覧いただけます。 OKプレミア証券のオフィシャルサイトでは、OKプレミア証券コンシェルジュによる、個別株・日経225・FX・商品先物などを中心にオフィシャルレポートをまとめてご覧頂けます。

 

・OKプレミア証券コンシェルジュ、オフィシャルレポートサイト

https://okpremiere-sec.jp/ 

 

・OKプレミア証券について

OKプレミア証券はオンライン+対面取引にて「株式・為替・商品先物取引」を総合的に取引ができる新しい証券会社です。FX・株式・商品先物を取り扱い、オンライン取引のスピード感と、日々相場を追及しているコンシェルジュ達との対面取引をみなさまにご提供しております。 マーケットの状況に応じて最善の商品をお取引することができるだけでなく、リスクを分散させてのポートフォリオ運用もご提案が可能です。

 

OKプレミア証券公式サイト

https://www.okpremiere-sec.co.jp/

 

・OKプレミア証券から本記事をご覧の皆さまへ

【ご注意】 当記事は、作成日における情報に基づくものであり、予告なしに変更される場合があります。当記事の内容は当社が信頼できると判断した情報源から取得した情報に基づき作成しておりますが、その正確性・信頼性・完全性・妥当性を保証するものではありません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。当社は当記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではありません。当記事の内容につきましては、お客様のご判断に基づきご利用いただき、投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行っていただくようお願いいたします。

 

【リスク等について】 当社がご提供する金融商品取引および商品先物取引は、価格変動リスクや信用リスク、為替変動リスク、金利変動リスク等があり、元本や収益を保証するものではありません。株価指数先物取引や商品先物取引、外国為替証拠金取引等のデリバティブ取引は、少ない資金で取引を行うことができ、多額の利益が生じることがある反面、預託した証拠金以上の損失が生じ、追加の証拠金が必要になる場合もございます。また、外国為替証拠金取引においては、証拠金が一定水準以下となった場合は、保有ポジションが自動的に強制決済されるロスカット制度が適用されます。

 

【手数料・証拠金等について】 手数料は取扱商品、かつ、取引コース(オンライン・対面取引)によって異なります。株式取引(ETF、ETNを含む)は最高で約定代金の1.1880%(税込)となり、加えて信用取引であれば金利・貸株料・品貸料等がかかります。外国株式は国内手数料に加えて、外国金融商品市場等における手数料及び公租公課その他の諸費用がかかりますが、市場状況や現地情勢等に応じて決定されるため、その金額をあらかじめ記載することができません。日経平均先物は最高で27,000円(片道・税込)、外国為替証拠金取引は2,000円(同)かかります。商品先物取引は銘柄によって異なり、最高で10,000円(同)かかります。証拠金については取扱商品によって、週次・半月毎に変動するほか、取引所の判断で臨時に見直されることもあります。最新の証拠金については、弊社のホームページをご参照ください。 お取引の前に契約締結前交付書面及び取引約款等の内容を熟読していただき、リスクや仕組み等を充分ご理解のうえ、ご自身の責任とご判断でお取引ください。当社の企業情報は本店又はホームページで開示されています。

 

OKプレミア証券公式サイト

https://www.okpremiere-sec.co.jp/

ページ先頭へ