【行政書士のお話】契約書調印

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:23
  • ありがとう数:0
石川 裕也 (行政書士)

はじめに

私は契約書作成やレビューをよくやるのですが、その際、これから起業をするのでそれに必要な契約書を作ってほしいという依頼も多くあります。

 

単純に契約書作成だけでなく、事業に関しての立ち上げや許認可その他の相談やコンサルティングも含めてのご依頼の場合であればあまり起こらないのですが、契約書はできたのにもかかわらず、契約自体をなかったことにされるということがしばしばあります。

契約書には議事録や調印日の記録も重要

契約してないから関係ないじゃんという方もいますが、契約については契約書があるから成立するというものではなく、意思と意思の合致があれば成立するものです。

 

もちろんそのことが言った言わないということにならないために契約書を証拠として作成するのですが、慎重にするのであれば、お互いが話したことについての議事録を作ってその中に契約書についてはいつ調印するということをうたっておくなどもしてもよいかもしれません。

 

契約書がないからあなたが言っていたことは通らないよという方もいますので、契約書を作成するのであればすぐ調印できるように早目のご準備を・・・・

 

一応意思の確認としてはメールやファックスのやり取りでも認められる、つまり証拠とされることもありますので、できるだけ形で残るようにやり取りをしておくことも好ましいかもしれませんね。

ご参考に。

まとめ

個人のご相談
内容証明、慰謝料請求、離婚、相続

 

法人のご相談
会社法務、マイナンバー対策から、社内書類作成、ITセキュリティ、eディスカバリー、著作権まで、対応いたします。
契約書、示談書、念書、内容証明、会社設立、一般社団法人設立、相続、遺言、離婚、各種許認可
公正証書作成

 

ご相談は・・・
初回 二時間まで10800で行っています。
コンサルティング一時間54000~

徳川綜合法務事務所
行政書士石川裕也事務所 石川裕也

プロフィール
石川 裕也 (行政書士)
「あなたの切り札」
あなたのブレーンとして、サポート致します。
お困りの際は、お気軽にご相談ください。

◆注力分野・対応分野
【注力分野】
リスクマ...(詳しいプロフィールを見る

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ