【行政書士のお話】会社名について

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:18
  • ありがとう数:0
石川 裕也 (行政書士)

はじめに

今回は、ある程度個人事業主をやっていた方で、そろそろ会社なり法人がほしいという方からの相談の上位。

 

自分が使っている名前と同じ会社があったらどうするの??です

登記的には可能でも法律でNGということも・・・

 

登記的に言えば、住所が違うのであれば同名の会社は作ることができます。
ただ、これはできるかできないかというだけの話です。

 

行政書士として許可申請などをしているとよく感じるのですが、法律はいくつもありますので、ある法律では問題なくても別の法律でダメだということはよくあります。

 

名前についてであれば、超有名企業について、 例えば「トヨタ」という名前で車の会社を作る、とするとこれはダメな感じがしませんか?

 

まず、なんとなくダメな気がする、というのは結構あたってることが多いと思っていただけるとよいかと思います。

 

ですので、同じ名前の会社があった場合または、どうしても自分の会社名、屋号を守りたい場合にはやはり商標登録をするのはお勧めします。

 

屋号でなくて、サービスの場合には著作権を使った保護をすることができますので、相談された際にはケースバイケースで対応させていただいています。

 

大事なものは守る方法はいくつもあります、ただ、遅いと守れなくなることもあります。ご相談はお早めに・・・・

まとめ

 

個人のご相談
内容証明、慰謝料請求、離婚、相続

 

法人のご相談
会社法務、マイナンバー対策から、社内書類作成、ITセキュリティ、eディスカバリー、著作権まで、対応いたします。
契約書、示談書、念書、内容証明、会社設立、一般社団法人設立、相続、遺言、離婚、各種許認可
公正証書作成

 

< ご相談は、、、、
初回 二時間まで10800で行っています。
コンサルティング一時間54000~

 

徳川綜合法務事務所
行政書士石川裕也事務所 石川裕也

プロフィール
石川 裕也 (行政書士)
「あなたの切り札」
あなたのブレーンとして、サポート致します。
お困りの際は、お気軽にご相談ください。

◆注力分野・対応分野
【注力分野】
リスクマ...(詳しいプロフィールを見る

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ページ先頭へ