築200年の古民家を再生して住居兼宿泊やイベントに活用したい

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:28
  • ありがとう数:0
OKGAIA (カスタマーサポート担当)

はじめに

OKGAIAのエージェントが回答しているOKWAVE不動産カテゴリのQ&Aから、閲覧数の多いQ&Aをピックアップしてご紹介します。 

Q. 田舎の築200年二階建て床面積約280㎡の古民家を改装して

田舎にある大きな古民家(築200年二階建て床面積約280㎡)を改装して自分の住まいとするだけでなく、宿泊施設や撮影スタジオ、イベント会場などに利用して収益をあげたいと思っています。

 

敷地面積も広く周囲は林と田んぼです。ヒーリングなど癒しの場所としても活かせそうだと思っています。
 

建物の梁や柱などはしっかりしていますが、7~8年前から空き家となっており外壁などは特に痛みが激しく改装費用がかなり掛かってしまうことは確実です。


キッチンにシンクなどもなくお風呂も五右衛門風呂で現代風のリフォームはほぼされていません。


自治体の古民家再生支援なども見当たらない地域なのですが、費用の捻出方法や作業を手伝ってくれる人の集め方、古民家再生に役立つ材料の調達方法など、どんなことでもいいので、知恵を貸して頂けたらありがたいです  …引用元Q&Aで続きを見る 

A. 米村和夫(建築士)

イベントスペースや宿泊業も兼ねる場合(お金を得るならば)、不特定多数の人が出入りし、宿泊施設になり、「特殊建築物」という扱いになり、消防署、保健所、警察などにも申請をすることになります。建物の構造にも責任を持たないといけません。DIYレベルの話ではなくなります。

建築士を見つけて代理人として手続きをしてもらいながら、何処までを自身のDIYでやるか、やれるかを相談されたらと思います。(誤解を招くようで訂正しますが、建築家協会は選ばれた建築士のみが在籍しているわけではありません。建築士なら誰でも入会することができます。)…続きの回答を読む 

まとめ

OKGAIAは、売買、相続、投資、建築、法律など、不動産に関わるさまざまな悩みを、OKWAVE認定専門家に非公開(無料)で相談できるサービスです。不動産に関わる問題の解決に向けたサポートをします。

 

OKGAIA

プロフィール
OKGAIA (カスタマーサポート担当)
■ 東京・神奈川エリアでマンション売買をお考えの方に。
「OKGAIA」は、OKWAVEが認定した「OKWAVE Professional」の専門家の中から、宅建士、行政書士、司法書士、税理士など、不動産のプロフェッショ...(詳しいプロフィールを見る

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集

ピックアップ

ページ先頭へ