【行政書士のお話】物件購入時の注意点

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:26
  • ありがとう数:0
石川 裕也 (行政書士)

はじめに

物件選定が終わり、契約に向かう段階で失敗しない為にはどんな事に注意をする必要があるのでしょうか。今回は2点、挙げさせていただきます。

前の前の売主がどんな人

購入時の売主だけではなく、その前の売主を知っておいた方が良いでしょう。

不動産では二重取引や、架空売買が行われる事が0ではありません。

最近も架空売買で会社員役員が数億円の物件で騙されたとの事件がありました。

というのは実は、一定の書類が整えば、名義変更が出来てしまうのです。

二重取引をしていることが分かっている人には対抗できるが、本来の持ち主がこの件を全く知らない場合には裁判で争っても勝つ事は出来ません。

結果的にお金を払った不動産が手に入らない事がおきるのです。

 

なぜこんなことを言うのか、疑問に思われる方も多いかもしれません。

しかし、所有者が誰なのかということについては毎日不動産に携わっている業者でも騙される事が有りますので、完全に防ぐ事は難しいのです。

ですから、この様なケースもあると思って不動産と携わる方が取引をするご自身の問題としてもよいでしょう。

実際、関わる不動産業者と、司法書士が気づかないと、個人では気付くのは難しいでしょう。

もっと言えば、本当に目の前の人が真の所有者であるのかは司法書士も確認する義務は無いのです。

 

不動産業者がミスをした時の保険に入っている事もありますが、購入金額によってはカバーできない事も有ります。

その為、不動産購入の様な大きな金額がときは物件が手に入らず、金銭だけ払いっぱなしになるリスクもあります。

ですので、どのような経緯で手に入ったものであるのか、なぜ手放すのかなどを確認することも大きな買い物ですので時間をかけてもよいのではないかと思うのです。

契約時の立会い

実際に取引をされる方から聞かれることもあるのですが、いざ、物件の契約の時に、売主さんや、仲介業者が来ない場合、不安になられるケースも有るかと思います。そんな時のために以下を参考にしていただければと思います。

 

売主さん(所有者)も立ち会うケースがほとんどですが、稀に売主さん側が立ち会わないことも有ります。物件に愛着のある方や、古くから大家業をされている方は立会いをするケースが多いです。売主さんによっては、内見の時から、物件のアピールポイントを建築面や地理面から教えて下さる方もいらっしゃいます。

 

しかし一方では、投資目的等で不動産を購入された売主さんの場合ですと、不動産業者に一任される方もいらっしゃいます。その為、購入者側の業者さんからオーナーさんがどういう方かを聞き、確認する事で安心できるケースもあります。

 

あまりない例ではありますが、稀に仲介をした宅建業者がたまに、契約時に登場せず、重要事項説明もしないケースもが有ります。重要事項説明を契約前にしない事は宅建業法上の違法になりますので、知っておいたほうが良いでしょう。

 

今回のどちらのケースも、経験の多く親身になってくれる不動産業者と付き合うことで、リスクを減らしていくことはできます。

よい買い物にはよいパートナー、それが結局良い取引に繋がりますので、良い不動産業者、宅建士を探してみましょう。

まとめ

内容証明、慰謝料請求、離婚、相続、会社法務、マイナンバー対策から、社内書類作成、ITセキュリティ、eディスカバリー、著作権まで、対応いたします。

契約書、示談書、念書、内容証明、会社設立、NPO設立、相続、遺言、離婚、各種許認可、公正証書作成も可能です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

OKWAVEで専門家として活躍中!非公開Q&A受付中!(無料)

専門家 行政書士 石川裕也 OKWAVE内プロフィール

https://okwave.jp/profile/u2792966.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

徳川綜合法務事務所

行政書士石川裕也事務所

☆ホームページ☆

http://www.t-comprehense-l.com

プロフィール
石川 裕也 (行政書士)
「あなたの切り札」
あなたのブレーンとして、サポート致します。
お困りの際は、お気軽にご相談ください。

◆注力分野・対応分野
【注力分野】
リスクマ...(詳しいプロフィールを見る

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ