メルカリで車を売却する時のメリット

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by Pixabay.com

いらなくなった洋服からブランド品、使いかけのコスメまであらゆるモノが売れる

フリーマーケットアプリのメルカリ、実は車も売れるってご存知でしたか?

今回は、メルカリを使って車を売る時のメリットについて解説したいと思います。



メルカリで車を売るための準備

出品の準備・確認


出品の前に準備するもの


出品する自動車の画像

登録できる画像は最大4枚です。 

車体全体が確認できるように正面、後、横の画像と室内(運転席中心)の画像を撮影しましょう。 

傷や修復した箇所がある場合、アングル等を工夫して、該当箇所が確認しやすいように調整しましょう。 

ナンバープレートはカバー等で隠して撮影するか、撮影後に画像処理を施してナンバーが見えないようにしましょう。

出品の前に確認すること

自動車の取引では車体以外に必要な書類を譲渡し、所有者の名義変更をする必要があります。

購入者に必要な書類を準備します。

車検証(自動車検査証)

自動車損害賠償保険証明書

自動車税納税証明書

自動車リサイクル券

名義変更を購入者が行う場合は下記書類をお渡しする必要があります。

印鑑証明書

譲渡証明書 ※要押印(実印)

委任状 ※要押印(実印)

自動車税の対象期間をご確認ください。

毎年4月から翌年3月までの1年間です

※年度の途中で移転登録(名義変更)された場合でも、前の所有者の方がその年度分の自動車税を納める義務があります。 

詳細は、お住まいの自治体のホームページ等でご確認ください。 

メルカリを利用するメリット

Photo by ghjfkyfm
いたって簡単に、特に専門知識もなく愛車を不特定多数のユーザーへ売り込めることが、このメルカリ最大のメリットといえます。

また、メルカリで車をスムーズに個人間取引できた場合、プロの車業者が介入しないため、


売り手側・・・中古車販売店の利益などの、いわゆる中間マージンがかからないので、実質多くの売却益が得られる。

買い手側・・・諸費用という、車体価格に車販売業者が加算してくる出費分、購入費が節約可能。

という、双方にとって都合のいいメリットが出てくる可能性もあります。


買い手の立場に立って、上記の車体のついて言うなら、執筆時点で2年近く残っていた車検と、書いている車体の状態に「偽りや見逃しが一切ない」のであれば、確かにお買い得ということができます。


つまり、メルカリでうまく愛車が売れれば、買い手・売り手双方得をする、「WINWIN」な取引をすることが可能だということです。

また、気になる金銭の受け渡しについても、メルカリ運営がしっかりと仲介をしており、購入者が車体や書類の到着を確認するまでは、代金の管理をしてくれるため、余計な金銭トラブルのリスクも緩和され安心です。

送る方法

メルカリは、あらゆる地域にすんでいる人が利用できるので出品者から遠い地域の人が落札する可能性も大いにあります。


その場合は、専用の業者に運搬を頼まなければいけないケースもあることを覚えておきましょう。


車両の大きさと重さ、運ぶ距離に応じて陸運費が変わりますが最大で4-5万円ほどかかることも。


自分で運転していける距離の人でも、ガソリン代はどちらが負担するかなど細かく決めておきましょう。

まとめ

今回は、メルカリを使ってくるまを売る方法から

メリット、送付方法について解説しました。


業者とは違って、中間マージンなどが必要ないのが魅力。


注意するべき点を守り、安全に取引しましょう




このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ