これで丸わかり!香港競馬馬券ガイド

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

日本人の競馬ファンが、海外競馬の体験に一番よく行く場所は間違いなく香港。

特に12月の「国際競走」には、多くの観光客(と一部関係者)が観戦に訪れます。


しかし、香港での馬券は、日本と同じものから違うものまで多種多彩。

さらには、マークカードの書き方で躓く人が多数いる!


そんなわけで、ここに2018年12月現在の馬券パーフェクトガイドを記します。

ストレスなく馬券を買って、思う存分楽しみましょう!

STEP1馬券の種類を知ろう

香港の馬券は、日本と比べると「種類が多い」ことが最大の特徴。


まずは、賭式(かけしき)ごとのルールを、ざっと見てみましょう。

これだけでも、大分楽になるものです。


香港の馬券は「単一レースで決着するもの」と「複数レースに跨がって決着するもの(日本で言う「重勝式」のこと)」があります。

まずは、こちらの分類から始めましょう。



【単一レースで決着する馬券】

原則として全レースで発売します。ただし、頭数が少ない場合に一部発売されない賭式があります。

(表記は賭式名:英語名:的中条件です)


単勝式:WIN:1頭選択し、1着になること

複勝式:PLACE(ただし7頭以下では2着までなのでSHOW):1頭選択し、3着までに入ること(ただし7頭未満の場合は2着までに入ること)

枠番単勝式:COMPOSITE WIN:指定されている枠の中から1つを選択し、当該枠を構成する馬のどれかが1着になること ★日本未発売

二連勝複式:QUINELLA:2頭を選択し、1着と2着になること(順番は問わない)

※香港に「二連勝単式」はありません

ワイド(拡大二連勝複式):QUINELLA PLACE:2頭を選択し、その2頭が両方とも3着までに入ること

※日本と違って「3着同着時の3着同士」は的中です!

三連勝複式:TRIO:3頭を選択し、1着から3着までがその馬たちで独占されること

三連勝単式:TIERCE:3頭を着順指定で選択し、当該3頭が指定着順通りに1着から3着になること

四連勝複式:FIRST 4:4頭を選択し、1着から4着までがその馬たちで独占されること

四連勝単式:QUARTET:4頭を着順指定で選択し、当該4頭が指定着順通りに1着から4着になること


【複数レースで決着する馬券】

DOUBLE以外は基本的に対象レースが限られます。レーシングプログラムで確認してください。


二重勝単勝式:DOUBLE:連続する2レースの1着を予想。最終レース以外を起点に発売。残念賞あり。

三重勝単勝式:TREBLE:連続する3レースの1着を予想。1日1回。残念賞あり。

二重三連勝複式:DOUBLE TRIO:連続する2レースの三連複を予想。1日2回。

三重三連勝複式:TRIPLE TRIO:連続する3レースの三連複を予想。1日1回。残念賞あり。

ボーナス付き六重勝複勝式:SIX UP:後半6レースの1着を予想。ただし2着になっても馬券は生き残る(残念賞に近い)。1日1回。


【複数レースで決着する馬(?)券】

実は馬に賭けない。


騎手ポイントレースブック:JOCKEY CHALLENGE:騎乗馬が1着になると12点。2着6点、3着4点。1日全体で、最も高いポイントを得る騎手はだーれ?

※この賭けはブックメーカー制なので投票時点のオッズで払戻が受けられますが、投票状況によりオッズは時々刻々と変化します。


【払戻と「残念賞」?】

香港では重勝式に「残念賞」(Consolation)があります。

払戻ルールの設定により、正式な的中でなくとも、払戻を受けられる(事実上の的中)のです。


ここでは、払戻の計算に関するルールの他、残念賞についても触れることにします。


<控除率(払戻率)>

香港競馬の控除率は、以下のとおりです。日本より甘い…?


単勝・枠番単勝・二連勝複式・ワイド・二重勝単勝式:控除17.5%、払戻82.5%

上記以外は控除25%、払戻75%、ただし以下の例外あり。

・三重三連勝複式はジャックポット設定に備えて7.5%を追加控除(実効67.5%)

・四連勝単式はジャックポット設定に備えて0.5%を追加控除(実効74.5%)


上記の関係か、香港で一番売れるのはワイド、次に二連複です。


<払戻計算の変則例:枠番単勝式>

枠番単勝式の払戻は、単勝式の投票と「まとめて行います」。

正確に書くと、枠番単勝式の枠に投じられた投票は、当該枠を構成する馬の「単勝票数」に対して「反比例で按分」することにより、どの馬が1着になっても、同じオッズが出るようにしてあるということです(!)


<払戻計算の変則例:複勝式とワイド>

複勝・ワイドは、日本と計算式が異なります(特に同着で対象が増えた場合)。

以下の計算式になりますので、予想以上に配当が減ってもがっかりしないことです。


(複勝で3着2頭同着のとき)

日本…1,2,3A,3Bの4組的中で、原資は4分割されます(各1/4)。

香港…1に1/3、2に1/3、3Aに1/6、3Bに1/6となります(3着だけの按分)。

※要は香港では先に各着位に対して1/3に割り振っているという考え方である


(ワイドで3着2頭同着の場合)

日本…1-2,1-3A,1-3B,2-3A,2-3Bの5組的中で、原資は5分割(各1/5)。

香港…1-2に1/3、1-3A,1-3B,2-3A,2-3B,3A-3Bで各2/15。

※複勝と同様に、先に1-2着1/3、1-3着1/3、2-3着1/3という割り振りをしていると考える


<重勝式と残念賞>

重勝式には「残念賞」の設定が存在するものもあります。

これは、正式な的中ではないが、惜しかった投票に対して基準があり、割り振られます。


重勝式で、残念賞が存在するものの払戻基準については、以下のとおりです。

(割合は控除後の払戻原資に対する割合を示しています)


(二重勝単勝式・三重勝単勝式)

85%が正的中者に払戻、15%は「1レース目(と三重勝は2レース目)を的中して、3レース目が2着」の馬券に払戻。


(三重三連勝複式)

85%が正的中者に払戻(ただし全滅の場合はキャリーオーバー)、15%は以下のとおり。

・前半2レース的中している場合は3レース目を不的中となった馬券全てが対象

・2レース目の時点で全滅している場合は1レース目を的中した馬券全てが対象


(ボーナス付き六重勝単勝式)

50%が「全て1着的中」、50%が「2着を1レースでも含む的中」。

ただし、全て1着的中の投票がない場合、前者の50%はキャリーオーバー。



重勝式にはキャリーオーバーも残念賞もあり、一発狙いの他、手を広げての残念賞狙いにも期待が持てる仕様になっているのが、心憎いです。

STEP2金額のルールを知ろう

馬券の種類だけでも理解するのは大変だったかもしれません。

しかし、香港競馬の奥の深さは、「馬券の種類が多いから」、だけではありません。


ここからは、お財布にも優しい(かもしれない)、賭け金のルールに関するお勉強をしましょう。



【基本は10ドル】

香港ですから香港ドル(2018年12月現在、約15円としておくのが計算が楽)ですね。

10ドルは150円くらい、JRAの1.5倍くらいの投票額になるということです。

あんまり買わない初心者のかたは、これで十分だと思います。



ここから先はエキスパート向けかもしれない…


【ビッグゲームを安く追え!「Flexi Bet」で多点数は怖くない!】

日本の馬券は、どこまでいっても1点100点(たった一つの例外も50円)。

しかし、香港は「1点15円(1ドル)」という投票も、「条件が整えば出来る」!

これが筆者のお勧め、香港競馬最大の魅力「Flexi Bet」。


<1点10ドルの原則を打ち破るためには?>

基本的に「1枚のマークカードでたくさん買うこと」です。

その基準額は、以下のとおり。


[100ドル以上]

三連勝複式

四連勝複式

三連勝単式

三重勝単勝式

二重勝三連勝複式

※以上グループA


三重勝三連勝複式

ボーナス付き六重勝単勝式

※以上グループB


[24ドル以上]

四連勝単式


そして、基準額を超えた場合の「1点あたりの最低投票額」は、以下のとおり。

グループAと四連勝単式…1ドル

グループB…2ドル


…わかりましたか?

一例を挙げましょう。


三連勝単式で5頭のボックスを買います(60通り)。

JRA…1点100円なので6000円以上6000円単位(マークカードあたり)。

香港…通常投票では600ドル以上。Flexi Bet適用時は、100ドルを総額指定すると1点1.6666ドルになって要件を満たすので、1点1.6666ドルとして発券。総額100ドル(1500円)以上、1ドル単位で総額は指定可能。


特に四連単は24ドル以上なら1点1ドルにできる、ということは…

24点の1ドルボックスや流し

12点の2ドル流し

8点の3ドル流し

といった勝負もできるということ。そのくせ、高配当。


万馬券も、決して夢ではないのです(筆者は4連単で万馬券取りました)。


【天国か、はたまた地獄か、の転がし馬券「ALL UP」】

香港では、複数レースに跨がった投票を「まとめて購入」する方式があります。

例えば、1レースのワイドBOX1-2-3と、2レースのワイドBOX1-2-3をまとめて、という具合。

この場合、前者が3通り、後者が3通りなので、まとめて買うと9通りの購入を行います。

両方のレースで的中が発生すると、以下の式によって払戻を計算します。


[1点当たりの金額]×[1レース目当該目のオッズ]×[2レース目当該目のオッズ](×[3レース目]…)


3倍と5倍でそれぞれが確定すれば、15倍を受け取れるのです。

また、ALL UPでは、「FORMULA」といって、どのような形態で組み合わせを購入するかを選べます。

これは[A×B]と表現し、Aが対象レース数、Bが対象組み合わせ数(※)になります。

※組み合わせ数とは馬券の組み合わせではなくレースパターンの組み合わせ

[2×3]とあれば、

1レースで決着する、1レース目と2レース目、合計2通り

2レースに跨がる、1レース目→2レース目、合計1通り

の3通りがあるよ、という意味になります。

上記から1レースで決着する部分を除くと[2×1]となります。

最大[6×67]まで選ぶことが出来て、組み合わせは文字通り無限大!

しかも、ALL UPした場合、通常はFlexi Betの対象外になるワイドなども全部対象になり、100ドル以上の総額で1点1ドルから購入できます!

例えば、こんなALL UP…

[3×1]

3連複

レース1:5頭ボックス

レース2:4頭ボックス

レース3:4頭ボックス

総組み合わせ数:10×4×4=160通り

最低投票金額、160ドル


こんなのがまかり間違って20倍・8倍・35倍など刺さったりしたら、一撃5600倍!

遊び代どころか、旅費まで出ちゃうかも?!


また、ALL UPでは、単一レースで「単勝と複勝の同時投票(日本で言う「応援馬券」)」、「二連複とワイドの同時投票」も可能です。

一撃も狙いやすくなりますが点数が増えますので、ご利用には十分な検討をお願いします。


ALL UPは非常にギャンブル性の高い「自力重勝式」とも言えますので、ご利用は計画的にお願いします(何を今更)。


さて、ここまでは馬券の概略(長かったね)。

このあとは、マークカードの書き方について説明しましょう。


STEP3マークカードの書き方を覚えよう

香港でもマークカードに書いて投票するのは、日本と大して変わりありません。

しかし、香港での記入方法は、日本の「お作法」とは、ちょっと違う。

ここで「香港のお作法」を覚えて、気軽に買えるように対策しましょう。



【マークカードは主要賭式ごとに違います】

マークカードは結構種類が多く、間違えると購入(記入)できないこともあるので、注意しましょう。


単・複・二連勝式 標準マークカード(紫)

紫色のカードは単勝から二連勝式までを一手に引き受ける「事実上の標準カード」。

初心者ならこれ1枚でほとんど済んでしまうかも。

なお、単・複や二連勝式でALL UPするときにも使えます。


三連単専用(オレンジ)

三連単にはこれを使いましょう。


四連単専用(茶)

四連単にはこれを使いましょう。


三連複・四連複専用(赤)

三連複と四連複、あと重勝の二重/三重三連複に使います。


1頭指定重勝式向け(緑)

二重勝単勝、三重勝単勝、ボーナス付き六重勝単勝の3種類に使います。


ジョッキーチャレンジ専用(深緑)

ジョッキーチャレンジ専用です。


枠番単勝式専用(ごめん、色忘れた)

COMPOSITE WIN専用です。

ただし、レースによりCOMPOSITE WINの内容が異なる場合があり、その場合は専用のマークカードが用意されます。


【基本的な書き方】

(1)レース番号を塗ります。

ALL UPしたいときには対象レースを全部塗ります。

(2)賭式を決めます。

ALL UP時はレース毎に賭式を変更することもできます。

(3)対象の組番を決めます。

通常…SELECTIONに1~4カ所マーク(三連単・四連単では[S]にもマーク)

ボックス…SELECTIONに対象を全てマーク(三連単・四連単では[M]にもマーク)

流し(二連勝)…BANKER欄に軸を、SELECTIONに相手をマーク

流し(三連複)…BANKERに軸を1つか2つ、SELECTIONに相手をマーク

流し(三連単・四連単)…通常の流しは[B]にマーク、BANKERを任意の着順に1カ所あるいは2着順に1カ所ずつマーク、相手をSELECTIONにマーク

流し(三連単マルチ・四連単マルチ)…[BM]にマーク後、BANKER ONLY欄に軸を1または2カ所マーク、SELECTIONに相手をマーク

フォーメーション(三連単・四連単)…MULTI-BANKER[MB]にマークしてから、各着位のSELECTION欄に対象を全てマーク


1枚のマークカードで「複数の出目を書くことは出来ない」ので、「1-2と3-4」という投票はできません。

(1-2と1-3なら、1流し2-3と書け、金額違えたいならカードを分けろ、ということでもあります)


(4)金額を決めます。

まず、UNITとTICKETの2種類があります。

UNITは、1点当たりの金額を指定します。総組数×UNIT記入額=購入額です。

TICKETは、このマークカード(=馬券)全体でいくらにするかを指定します。Flexi Bet対応の関係です。

金額欄は日本と同じように、塗りつぶした数字の合計が数値となりますが、「K」は1000ドルを表しますので気をつけましょう(5Kだと5000ドル)。

なお、TICKETで指定しているときは、小数点第4位まで計算し、第5位を切り捨てます。このとき、計算結果が1点に必要な最低金額を満たさない場合はエラーとなります(し、券売機のディスプレイに必要最低額が表示されます)。


これで、投票の準備は完了です。

STEP4購入してみよう

ここまで来たら、あとは本当に馬券を購入する、ということになりますが、

ちょっと考えておきたいのが、混雑する窓口対策。


香港の競馬場は「人の居る窓口」は日本のJRAよりは多いものの、決して楽に買えるほど多くありません。

ですから、自動券売機を積極的に使っていきたいところですが、

「自動券売機では現金が使えない」のが香港のルール。


ここでは、香港競馬で馬券をスマートに買うためのテクニックを学びましょう。


【「現金券」で、予算を決めた馬券戦術を】

自動券売機を使うのに必要なのが、プリペイドレシートとでも言いましょうか、「現金券」(CASH VOUCHER)。

窓口でお金を出して、「バウチャー プリーズ」というと発券されます。


現金券を使って、馬券を買い、払戻を受ける。

これだけで、香港競馬は非常にスマートに楽しむことが出来るのです。

180日有効で、競馬場と場外では共通利用ができます。競馬場が最終レースで混雑していると思ったら、夜遅くまでやっている街中の場外売場へ持っていって払戻を受けることも可能です。

最初に予算を全部現金券にして、残高を見ながら遊ぶのも、節度が守りやすくて良いのではないでしょうか。

なお、現金券の払い戻しは人の居る窓口へ。「リファンド プリーズ」と付け加えるとわかりやすいです。


【自動券売機の使い方(購入)】

(1)現金券を投入します。

読取り部は端末により若干異なりますが、大事なことは「斜めにしないこと」。

これだけ守れば大丈夫。

戻ってきた場合は読み取り不良なのでもう一度。


(2)マークカードを投入します。

読取り部に対して斜めにしない。縦でも横でもOKですが、水平に入れましょう。

旧型機では投票に使ったマークカードは取り込まれます。

新型機では投票に使ったマークカードは下のトレイに出てきます。

馬券は、出力口から出てきます(レシートみたいにべろーっと出てきます)。


(3)終了して、新しい残高の現金券を受け取ります。

[END][結了]ボタンに触れると、新しい残高の現金券が馬券の取り出し口に印刷されて出てきますので、まとめて受け取って、馬券とは別に管理しましょう。


【自動券売機の使い方(払戻)】

(1)現金券があれば投入します。

(2)的中投票券を投入します。複数枚ある場合は、1枚ずつ投入してください。不的中だと「ピプー」と鳴って投票券が戻されます。

(3)[END][結了]ボタンに触れると、現金券が馬券の取り出し口に出てくるので受け取ります。

なお、(1)で投入している場合は残高が合計されます。投入していない場合は払戻額相当の現金券が新規に発券されます。


【窓口を使いたい場合】

窓口の受け渡しエリアは「入口」「出口」の区分がはっきりしているので、入口の方に現金(や現金券)とマークカードを投入しましょう。

係員が貴方に券や現金を戻す場合は「出口」側に置いてくれます。

なお、窓口は日本にもある「○○ドル以上」や、独自となる「会員ランクの高い人限定」、「現金券の発行(換金)限定」といった規制がかかることがありますので、窓口上のパネルは必ず並ぶ前に確認しましょう。


【締め切り時刻(香港本場開催分)】

「The Start of the Race」、ゲートが開くその瞬間に締め切りです。逆に言うと、ゲートが開くまでは買えます。


【払戻開始タイミング】

着順掲示板(というか画面)に「WEIGHED IN(後検量が完了しました:着順確定)」の表示がなされてから数秒後には払戻が可能です。

なお、香港では、入線順位が判明した直後に、日本では「中の人」にしか見せていない「予告払戻(このまま確定したら配当はこれ)」を公開しますので、的中したら先に配当を見られます(表示は「UNOFFICIAL DIVIDEND」)。

メインの掲示板には単勝・複勝・二連複・ワイド・三連複・三連単が表示されます。これ以外の賭け式については、中継画面に字幕で表示されますので、ご注意ください(確定後は単一画面でも表示がなされますが、表示時間が短いので、見忘れたら場内掲示やネットコーナーのPCなどを確認しましょう)。


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ