【学問・教育Q&A】特集!「睡眠も体力を使う?」「湿布はなぜ中の筋肉に効果がある?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1414
  • ありがとう数:0

はじめに

OKWAVEの各種学問や、それに関係した気になる雑学についての質問が集まる「学問・教育」カテゴリのQ&Aから、気になるQAネタをまとめました。


  • 睡眠時も体力は消費する?
  • なぜシップは表皮に貼るのに中の筋肉に効く?
  • 江戸城は舞鶴城とよばれていたのですか?


★Q&Aサイト「OKWAVE」で、弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への非公開&無料相談が可能です。ぜひ、ご利用ください            
https://project.okwave.jp/private_qa/?&slp=201811

睡眠時も体力を使うというのはウソではないですか?

睡眠にも体力を使うって嘘では?

睡眠にも体力を使うって嘘では?

睡眠に体力を使ってたら身体は休まらないですよね?寝て休まるから寝てるわけです。

睡眠にも体力を使うので高齢になると体力が無くなってくると寝付きが浅くなって睡眠時間が若いときより減少するっていうのはおかしくない?

Q、睡眠にも体力を使うって嘘では?
A、そもそも体力を使うって、どういうこと。

======================
 体力を使う=エネルギーを消費する
======================

であれば、死んでない限り生きてりゃーエネルギーは消費しますよ。

使うよ。
単純に睡眠中は意識が無いから、使っているという認識が無いだけです。
睡眠中は睡眠中で別のプロセスが作動します。
この時に疲労物質の解消なんかも行われるので、体力は消耗します。

高齢者は、『子供返り』のような状態になるので、短時間での就寝⇔起床をくり返します。
また、身体疲労が少なく、長時間の睡眠に伴う回復作業も必要としません。
なので、睡眠プロセスは短くなります。

睡眠は心身をリフレッシュするための一連のプログラムです。
身体には睡眠時でも止められない機能があり、例えば呼吸が止まってしまったら大変です。
睡眠プログラムは、脳の機能を低下させるだけで無く記憶の整理をしたり、身体的にも緊張を適度に緩め諸器官が休息できるようにします。自律神経回路も必要最小限の機能を残して休息させます。
睡眠時無呼吸のような非常事態が発生すると直ちに警報を出し呼吸を開始させるという安全機能も持っています。

結論として、睡眠時にもエネルギーは0にはなりませんが、基礎代謝(生命を維持するための最低エネルギー)と睡眠プログラムを動作させるためのエネルギーは消費しますが、目覚めているときと比較して少ないので結果として心身の休息が得られるのです。

高齢になると、睡眠時無呼吸などの非常事態が発生しやすく、この場合は一旦目覚めることになり、神経系を含めた身体の機能に不全を起こしやすくなるため、睡眠プログラムが安定に働かないことが増加して、浅い眠りで目覚めやすくなることが主因です。

なぜ湿布は表皮に貼るだけで効果があるのですか。中に浸透するのですか?

なぜ表皮に湿布を貼ると筋肉痛が無くなるのですか?

なぜ表皮に湿布を貼ると筋肉痛が無くなるのですか?

薬と言えども皮膚から体内に浸透することはないんですよね?

皮膚から浸透します。

なので妊婦は使っちゃダメですし、子供が気管支炎の時に使うホクナリンテープなんて、1センチ四方のシールを体のどこかに貼るだけなのに気管支が拡張します。

皮膚は穴だらけなので、結構浸透しますよ。

男性の薄毛に効く飲み薬のプロペシアとかは、
錠剤なのに女性が指先で触るだけで吸収されて
副作用が出るほどです。

湿布に含まれている消炎鎮痛剤が血管を閉じるように働きかけることに
ありますが、その結果、患部に押し寄せる血流と痛み物質が止められるので
痛み自体は一時的に治まるというものです。しかしながら、血流を止めて
いることにより、壊れた組織の修復も止めてしまうので、痛みは感じなく
なる一方、壊れた組織の修復も止めてしまいますので、根本的に治ることを
遅らせてしまう欠点もあります。
    参考にならなければすいません。

江戸城は舞鶴城と呼ばれたこともあったそうですが、理由が知りたいです

江戸城の名称。

徳川幕府の江戸城は、ある時期から正式には、「千代田城」または、「舞鶴城」(ぶかくじょう)と呼ぶようになったそうです。
「千代田城」も「舞鶴城」も私は聞いたことがないのですが、何か記録はあるのでしょうか、教えてください。
よろしくお願いします。

私も知りませんでした。
「千代田城」で検索すると確かに
https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%9F%8E&ei=UTF-8&fr=mozff

「舞鶴城」はチョット違うようです。
https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%88%9E%E9%B6%B4%E5%9F%8E&ei=UTF-8&fr=mozff

「舞鶴城」については、たった一例だけ刊行された書籍に記載があります。ただし、根拠は示されていません。
それは、2000年発刊、主婦と生活社編、江戸風俗研究家 花咲一男監修、『大江戸ものしり図鑑』の、「第一部 町と名所」の中の、「世界一の大都市」の中の、「江戸城」にある次の一文です。
「その中心をなすものは何といっても将軍家居住の江戸城だが、正式名称は舞鶴城、またの名が千代田城で、江戸ではふつうお城と呼んだ。」という一文です。
これ以外に江戸城を「舞鶴城」と呼んだものが見当たりません。この五年ほど根拠となる史料を探しているのですが見当たりません。江戸時代の地誌関係の随筆に限らず、江戸期の史料、明治以降の江戸城に関する書籍は大分あたってはいるのですが見つけたのは上記の一文だけです。「千代田城」については、「千代田のお城」を含め江戸時代の史料にはあります。
ともかく、「舞鶴城」については五年ほど調べているで、海外まで内容をスキャンして持ってきているほどです。根拠が分かればうれしい限りで、質問したわけでもないのに期待しています。関心のある質問をしていただき、ありがとうございます。回答ではありませんが、感謝まで。

>江戸城は、ある時期から正式には、「千代田城」または、「舞鶴城」(ぶかくじょう)と呼ぶようになったそうです。

「千代田城」は分かりますが、「舞鶴城」は聞いた事が無いですね。
ただ「舞鶴城」は、城の形態・外観から呼ばれる名称ですよね。
確か、全国各地の約15の城が「舞鶴城」と呼ばれています。
烏城・白鷺城なども、同一です。

>何か記録はあるのでしょうか、教えてください。

江戸時代の地図とか古文書・絵図には、千代田城・江城との記載がありますね。
幕末旗本の日記では「千代田のお城からの使いが来て・・・」と書いています。
歴史図書社から発行している城郭関係の本では、「千代田城」となっています。
※千代田城が存在するから、千代田区が存在する様です。^^;

舞鶴城というのは、鶴が舞う形をした建築物だからそういうのであって、型の名前であり固有名詞ではありません。雲龍型だとある横綱のことをいってもその横綱名ではないのと同じです。

千代田城というのは千代田という地域にあるからそういうのであって、江戸城も江戸にあるからそう呼ぶわけです。まあ正式名称としては千代田城だと思います。フォーカスが狭いですから。「日本国政府」と呼ぶ場合と「霞が関」と呼ぶ場合の違い程度です。

太田道灌がつくったばかりのころは平山城と言っており、これは平山つまり小高い丘に作ったから軽くそういったものです。この時代には住民がいたことはいましたけど、都市部でもなんでもない農村でしたが、家康が赴任して都市計画をたて整備し出したとき、この一帯の地域を江戸と呼びましたので、江城とか江戸城と略称し始めたのです。

名前がはっきりするほど、進化しているということになります。
舞鶴城というのがいちばんおおざっぱでどうでもいい上固有名詞ではありません。平山城は状況を言っただけでありアイデンティティはありません。

江戸城は役割をいったもので、千代田城は明確に場所までいったものだということになります。

まとめ

<public relations>       


★Q&Aサイト「オウケイウェイヴ」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、今後、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626


多言語対応スタート!101の世界の言語で質問・回答が可能になりました

https://www.okwave.co.jp/press/20181025/

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ