wimax2+はwimaxに比べてエリアや速度はどうなの?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by Pixabay

WiMAXには、旧回線のWiMAXと現在メインに使われているWiMAX2+の2種類の回線があります。この2つの回線の違いを、対応エリアや通信スピードなどの点から比較します。

WiMAX2+の通信方式は?


ベストエフォート方式とは多くのインターネットサービスで謳われています。これは最大限の努力という意味の言葉です。一体何を最大限努力するのでしょうか。 それは通信速度です。インターネット回線サービスでは最大通信速度1Gbpsなどの広告がされます。「1Gbpsの回線速度が保たれるように最大の企業努力はしますが、結果は保障できません」このような方式をベストエフォート方式と言います。 WiMAX2+もこれと同様です。最大220Mbpsということで通信速度をPRしていますが、実際の通信速度はもっと遅いのが実情です。実際は30Mbps~50Mbpsの速度が出ていれば問題なくインターネットを楽しむことができるでしょう。

WiMAXとWiMAX2+を比較してみた

Photo by Pixabay
旧回線のWiMAXは2009年に開設されたUQ wimaxのオリジナル回線です。
かつての最大速度は 40Mbpsでしたが、現在は縮小されており13.3Mbpsまで低下しています。
2013年からよりスペックを上げて誕生したWiMAX2+の最大速度は758Mbpsなので、70倍近く差があることになります。
また、対応エリアも違いがあります。
一応どちらも全国的に対応しているのですが、WiMAX2+用のアンテナ基地局がどんどん増設されているので繋がりやすさに格段の違いがあると言えます。

WiMAXはサービス停止することが決定


UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:野坂 章雄、以下UQ)は、
周波数の有効利用を目的に、2009年2月より提供してまいりましたWiMAXサービスを2020年3月31日をもって終了いたします(注1)。
また、WiMAXサービスの終了に先立ち、2018年9月30日をもちまして、WiMAXサービスの新規加入のお申込み受付を終了いたします。
UQは、現在WiMAXサービスを提供している周波数帯10MHzをWiMAX 2+サービスに切り替え、周波数の有効利用により快適な通信サービスを提供してまいります。
これにより、WiMAX機器のほか、一部のWiMAX 2+機器に搭載しているWiMAXサービスがご利用いただけなくなります。

【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ



このように、WiMAX回線は停波が決まっています。

乗り換えキャンペーンを行っているので、旧回線端末を利用している場合はお早めにチェックしてみてください。

まとめ

WiMAXとWiMAX2+の違いについて解説しました。Uq WiMAXはオリジナルの自社回線を使っているので、割合を確保するために旧回線をサービス終了します。新回線のWiMAX2+ではより通信の速度と安定性を確保する予定です。乗り換えキャンペーン等お得に新端末を利用できるので、ご確認ください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ