戦中・戦後の日本と深く関わった中国政治家「蒋介石」特集。「なぜ台湾へ行った?」「日本の恩人?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

10月31日は中華民国の政治家。軍人「蒋介石」(しょうかいせき)の誕生日。

孫文の後継者として中国国民党の最高指導者となるも、その後、毛沢東の中国共産党に敗れ、台湾へ赴きました。日本との関わりについては、新潟県高田の砲兵学校で軍事について学び、日本に亡命して政財界の支援を受け清朝打倒のため活動したこともありました、複雑な世界情勢だったこともあり、日本を助けたことも敵対したこともあり、様々な評価がされている人物です。


  • 蒋介石が日本を守ったというのは本当ですか?
  • 蒋介石と李登輝、それぞれの台湾の未来
  • なぜ台湾は早く民主化を進められた?
  • 内戦に敗れた後、蒋介石が台湾に行った理由


★Q&Aサイト「OKWAVE」で、弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への非公開&無料相談が可能です。ぜひ、ご利用ください           
https://project.okwave.jp/private_qa/?&slp=201810

祖父が言っていましたが、蒋介石が日本を守ったというのは本当ですか?

蒋介石

私の祖父が生前、『台湾に行くことがあれば彼の墓だけは行きたかった、彼がいたから日本は守られた』
って言ってました。

日本への留学から、親日とかそういう側面があったのですか?
自分で調べると、必ずしも日本の為にした事じゃない気がしてます…。

実際、蒋介石は日本を救ってくれたのですか?

たぶん
http://ja.wikipedia.org/wiki/蒋介石
ここの
日本の敗戦後は、「以徳報怨」(徳を以って怨みを報ず)と称して日本兵の中国大陸からの復員に最大限の便を図った。

これのことでしょう

戦争による損害の賠償請求権も放棄しました
なのに北京政府は未だに戦争のことをグジグジと言ってきますね

蒋介石が日本の分割統治を防いだという話も
1943年のカイロ会談でソ連を除いた連合国の首脳会談であった
が、連合国の主軸は米国 英国で中国はオブザーバー的立場であり
日本のポツダム宣言受諾後の日本分割統治案にある四国を中国が
統治するというのは、戦後予想される共産党との激しい主導権争いを
見据えると四国を統治するというのは蒋介石 中華民国にとって
それどころではないというのが本音で日本を救うという考えは
なかったようです(実際1946年には共産党との戦いに敗れ台湾
に逃亡しています)
また米国がソ連の参入を防ぐためルーズベルト 蒋介石の間で中華民国
を援助することを条件にこの分割案を廃案にするよう動いたと思われます
(参考サイト)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E4%BC%9A%E8%AB%87
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%88%86%E5%89%B2%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E8%A8%88%E7%94%BB

蒋介石と李登輝のは台湾の将来について違う考え方だったと聞きました。 この2人がそれぞれ目指した台湾はどのようなものだったのですか

蒋介石と李登輝

蒋介石と李登輝の2人は台湾のあり方に違う考え方を持っていたと聞きました。
この2人がそれぞれ目指した台湾の未来の違いは主にどんな事だったのでしょうか??

蒋介石は共産党に終われて大陸から逃げてきた外省人です。 いつか、中共を打ち破って、中華民国の首都南京に凱旋することを夢見ていました。 李登輝は台湾生まれ台湾育ちの本省人です。 中共も中華民国も関係ありません。 自分の祖国台湾が独立国として世界に認められるよう夢見ています。

蒋介石の時代の台湾(中華民国)は、反共主義を国是とする軍事政権であり、
中華民国が台湾と大陸を統べる唯一の正当な中国政府という見解でした。
大陸を取り戻すことが第一の目的とされ、戒厳令が敷かれ、
軍事力のための経済復興が進められます。
国民党政権は、地元の多数派が使用していた台湾方言を取り締まり、
北京官話に基づいた中国共通語を浸透させました。
が、蒋介石の思惑のようには大陸中国の共産党政権は脆くなく、
大陸反攻を果たせないまま病没します。

息子の蒋経国の時代辺りから、目覚しい経済成長の成果が実り、
戒厳令も解除され、台湾のライフスタイルに大きい変化が訪れます。
一方で、外交的には米中接近によって孤立が深まり、
大陸反攻は現実味を失っていきます。
大陸中国でも鄧小平が市場経済を導入し、ソ連も崩壊したため、
台湾と大陸中国の対立軸も以前とは異なったものになっていきます。

在任初期の李登輝は、曾慶紅とのパイプを通じて、
大陸中国との和平交渉も進めていた一面もあり、
経済的な大陸と台湾の結びつきは強まっています。
李登輝の時代には国民党の一党独裁が放棄され、
住民による民主的な総統選出が行われるようになります。
民主化に伴って台湾独自のアイデンティティを求める運動が盛り上がると、
政府側は脱中国色を強めるようになります。

総統退任後の李登輝は独立志向を大いに強めており、
台湾が独立国家として認められることを訴えています。
先進国並みの生活水準と民主主義を達成した台湾には、
大陸中国とは相違する部分は小さくはありません。
ただし、独立か統一かといった事をきっぱりと決めようとすると、
巨大な政治的緊張を生むことが忌避されています。
現状では、大陸中国に政治を干渉されることは望んでいないけれども、
独立を声高に訴えることもなく、現在の実質的な独自政権を
維持するというのが世論の多数派を占めています。

なぜ台湾は早く民主化を進められたのですか?

小さい国ほど、多様性が少ないので国民の意識統一ができやすく、投資効率も良いので、国民所得の上昇が速くなります。

 国民の意識統一が高く、所得も多くなれば、民主主義に移行しても政治的混乱は少なくなります。

 ただ、あまりにも経済規模が小さいと、経済が独立して運営できないので、民主化に時間がかかり、他国からの支援も必要です。

 人口・国土の広さから言って、シンガポールが自主的政策で成功した最少国家かもしれません。(ただし、シンガポールは、中継貿易によって経済を支えており、自国の生産だけでは成り立ちません。)

どうして台湾は中国より民主化を進められたの?

台湾の蒋介石政権というのはもともと軍事政権で、民主的とはほどとおい政権だったと思います。これがどうして過去20年ほどで、日本と変わらないほど民主的な国家になったのでしょうか?国民党はそのまま開発独裁のような道もとれたのにあえて野党を認め民主国家になったという理由を教えて下さい。よろしくお願いします。

地理的条件が一番大きいと思います。
北朝鮮という共産国家に加え、東アジア地域にキューバ同様の
軍事独裁国家では火薬庫になってしまいます。
台湾も中国の影響力を排除するにはアメリカに擦り寄るしかなく、
アメリカの影響が相当大きいです。

民主化をしなければ生き残る事ができなかったのです。

内戦に敗れた後、蒋介石はなぜ台湾へ行った?

蒋介石

中国、国民党軍の総統である蒋介石は、国共内戦に敗れた後、何故台湾に逃げたのでしょうか?

南ならベトナム、北なら朝鮮半島にも逃げられたのではないでしょうか?

何故、台湾だったのでしょう?

日本が敗戦後の事でもあり、まさか『日本』が手引きしたとは考えられませんが。

歴史にもしもは無いと思いますが、朝鮮半島に逃げ込んでいれば、また歴史は違った展開を見せたかも知れません。

>南ならベトナム、北なら朝鮮半島にも逃げられたのではないでしょうか?

北朝鮮は親ソ政権である金日成政権があり、ベトナムは当時はフランス領ですよ。後にベトナム独立派勢力であるベトミン軍とフランス軍との間でディエンビエンフーの戦いがあり、その戦いにフランス軍は破れて社会主義国である北ベトナムと資本主義国である南ベトナムに分裂しました。
つまり中国と国境を接する朝鮮半島もベトナムも共産主義勢力が強い地域でありますよ。そのご質問は、「パククネさんは日本に亡命した方がいい」くらいの感じです。「なぜ台湾」というより、台湾以外に逃げ込む先がなかったのであります。

 最近の中国共産党はなんだかんだと言っていますが、中国(漢人)は、鄭和などごく少数の例外を除いて、海が苦手でした。古来、漢人の国は徹底した陸軍国です。

 陸路大遠征して匈奴などを討つ気概はあっても、海を渡ろうとしたことは元寇以外にないようです(遠征して日本と戦えと命令したのは漢人ではない:もともと戦う気はなかったという説もある)。

 倭寇に悩まされた時代も、「遠征して、連中の元を絶とう」「絶ちたい」という発想にはなりませんでした。

 むしろ日本が海を越えて、遠路はるばる(中国王朝の感覚)やって来たということを大変高く評価して、朝鮮よりも上位の房がついた金印をくれたり、上位の席に座らせたりしていました。

 日本からの国書をみて「無礼だ」と怒った隋の煬帝も、日本の使節を追い返すことはしませんでした。むしろ、裴世清という高位の役人を答礼使節として日本に派遣しています。隋を慕って海を越えてきたという事実が、中国王朝にとっては何事にも代えがたい名誉だったからのようです。また来てほしかったから、多少の無礼には目をつぶったのです。

 つまりつまり、漢人にとって海を越えるということはすごい決意と努力が必要なことだったので、「敵との間に海がある」ということで、蒋介石には「共産党軍がやって来れないほど遠くに逃げた」という実感を持てたのではないでしょうか。

 朝鮮は陸続きなので、いつ共産党軍が行くか分からないという不安があり、あっちには逃げなかったものと思います。 

まとめ

<public relations>       

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、今後、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626


多言語対応スタート!101の世界の言語で質問・回答が可能になりました

https://www.okwave.co.jp/press/20181025/

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ